1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第5回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-プレッシャーのなかで選手はどう対応している?

テクニック

【第5回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-プレッシャーのなかで選手はどう対応している?

2011年1月29日

キーワード:Jリーグイメトレ桑さんの観戦術観戦術

このコーナーでは、Jリーグや大学など、トップレベルのチームで監督として豊富な指導経験を持つ、桑原隆さんに、TVやスタジアムで試合を観て、知識や技術を豊かにしていく"コツ"をお聞きしていきます。

■プレッシャーの中での、プレー技術

0003011.jpg 「皆さんは試合を観戦しているとき、プロの選手は相手にかけるプレッシャーがすごいなぁ、と感じませんか? それもそのはず、プロのサッカー選手はプレッシャーがなければ、楽々とプレーしてしまいます。そうさせないためにも互いにプレッシャーを掛け合うんです。だから、プロ選手というのは、いかにハイプレッシャーの中で持ち前の技術を発揮できるか、というのが重要になってくるんです。

 実際、ノープレッシャーでのサッカーは、ミスも起こらないし、神経を使わないのでプレーしている方も見ている方も面白くない。だから、ボールに対してきちんとプレッシャーがかかっている状況で、その選手がどのような判断で、どのようなプレーを選択するのか注目してみましょう。

 例えば、足の裏を使ってボールをキープする選手もいるでしょう。またはドリブル突破を図るためにボールを跨いでフェイントをかける選手もいる。味方を見つけてパスを出そうという選手もいる。 そういった局面のプレーは、皆さんも実戦で、よく経験していることだと思います。だから、自分だったらどのように判断するか、どのようなプレーを選択するかをイメージしながら観戦していくと身になりますよ。そして、ボールの位置や体重移動、視線、姿勢などできるだけ細かく見ることができるようになると、自分のレベルアップにも繋がっていくと思います。

 では、具体的にプレッシャーとは、どのようなことをいうのでしょうか? 私が考えるプレッシャーというのは、具体的にはボールに対して1m以内に人がいるということです。2mくらい間をとってしまうと、もうプレッシャーとは言えませんね。 そして、その1m中で、相手との距離の縮め方や、コンタクトされているような状況で、どういったボールコントロールをしているのか、気にして見ていくと1対1の面白さもさらに感じることができると思います。

1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第5回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-プレッシャーのなかで選手はどう対応している?

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  2. 熱心なあまり子どもたちにダメ出し、試合で指示する保護者をどうしたらいいか?
    2017年5月22日
  3. 厳しい父親と膝痛に苦しむ息子をどうすればいいの問題
    2017年5月24日
  4. 【動画1】大人は消える、失敗させる ― 池上正さんの「魔法のコーチング」を動画で紹介
    2017年5月23日
  5. 過去には中井卓大くんも参加! レアルのカンテラコーチに直接指導を受けられるチャレンジキャンプを開催
    2017年5月23日
  6. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  7. 自分で考えるサッカーを身につけさせるために参考にしたい記事5選
     
  8. 広い視野を確保する「顔を上げるコントロール」
    2017年5月29日
  9. 「伸ばしたいから離れる」方法がわかる!子どもを伸ばす「魔法のコーチング」とは?
    2017年5月24日
  10. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日

一覧へ