1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第2回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-「ファーストタッチでどこにボールを置くか」をチェック

テクニック

【第2回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-「ファーストタッチでどこにボールを置くか」をチェック

2011年1月11日

キーワード:Jリーグイメトレトラップ桑さんの観戦術観戦術

このコーナーでは、Jリーグや大学など、トップレベルのチームで監督として豊富な指導経験を持つ、桑原隆さんに、TVやスタジアムで試合を観て、知識や技術を豊かにしていく"コツ"をお聞きしていきます。

■ポジション別に見るファーストタッチ

000240.jpg 「前回、ダイレクトプレーや2タッチのお話をしましたが、実はもっと細かく見ていくと、より皆さんのプレーに役立つポイントがあるのです。それは、ポジション別に見るファーストタッチです。

 FWの場合、相手DFを背負っている場合が多いので、ボールを受けた時、素早くさばくよりも、まずはボールを奪われないようにするのが優先されます。その場合、ファーストタッチをした後、身体を使ってボールを守ります。要するに身体を使って、相手DFをブロックできる場所にボールを落としているのです。ジュビロ磐田の前田遼一選手は、そういったプレーが非常に得意なのでポストプレーを習得したい選手には絶対に参考になります。さらに相手を背にしてボールをキープした後、『どうやって前を向くのか?』など、その後のプレーにも注目してみてください。注意深く見ているとファーストタッチ後、DFと様々な駆け引きをしているというのがわかると思います。

 また、中盤の選手の場合は、『ワンタッチで前を向いてドリブルを仕掛けるのか?』『攻撃の起点となるようにきちんとキープをしてタメを作るのか?』『ダイレクトで展開するのか?』と、プレーの選択肢も幅広くなります。そうなると、やはりファーストタッチの選択も違ってきます。アウトサイド、インサイド、足裏などトラップの種類も色々です。さらに体勢も『半身でボールを受けるのか?』『相手DFに背を向けてボールを受けるのか?』など、状況によって様々な選択肢があります。

 わかりやすい例だと、サイドバックの選手はタッチラインを駆け上がる時、スピードに乗るために少し大きめにトラップをする選手が多いですよね。それは完全にイメージとファーストタッチが繋がったプレーです。そのようにイメージ通りのプレーをするために選手が、どのようなファーストタッチをどのような体勢で行うのか、特に見てほしいですね。 そして、皆さんも『あの選手は、ああいったイメージがあるから、ああいったファーストタッチを選択したんだな』と考えながら試合を観戦すると、良いイメージトレーニングになると思います」

1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第2回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-「ファーストタッチでどこにボールを置くか」をチェック

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 元Jリーガー監督が語る「どこでも通用するのは"ボールを奪える選手"と"ボールを失わない選手"」
    2017年3月16日
  2. 「まさか!」グラウンドで子どもが命を落とすことがないように ~大人が知っておくべきこと1~
    2017年3月17日
  3. 負けん気が強いあまり暴言や暴力に及ぶ息子の問題
    2017年3月22日
  4. レベルがバラバラの子どもたちの練習をどうすればいいか? [池上正コーチングゼミ]
    2017年3月22日
  5. 子どもが壁を乗り越える力を発揮するために親はどうあればいいのか
    2017年3月21日
  6. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  7. 福山ローザス・セレソンで「タニラダーADVANCED」の体験トレーニングを実施
    2017年3月17日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. 【PR】1対1が強くなる!と話題の「サッカー検定」をやってみた!(後編:検定の部)
    2017年3月21日
  10. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日

一覧へ