1. サカイク
  2. コラム
  3. 勉強と進路
  4. 「サッカーでの経験が、学業やビジネスの世界でも役立っている」元ゴールドマン・サックス、トップビジネスマンが語るサッカーの力

勉強と進路

「サッカーでの経験が、学業やビジネスの世界でも役立っている」元ゴールドマン・サックス、トップビジネスマンが語るサッカーの力

2016年1月22日

キーワード:文武両道時国司町田ゼルビア

 
group_s.jpg

■途中で何度負けたっていい、自分を信じ続けることが大切

「小学生年代でも結果を追求すべきではないか」と時国さんは考えます。一般的には、小学生年代というのは結果よりも育成に重点におくべき年代です。
 
「決して、毎試合つねに良い結果が出ないと駄目という意味でありません。最終的に自分の夢に到達するんだということを強く意識する、という意味です。途中で何回負けようが関係ない。ぼくが小学校の時に所属していたクラブは正直弱小で、大会に出ても一回戦負けばかり。練習試合でも負けてばかりでした。そういった環境だったからこそ、『どうすれば自分でもチームを勝たせられるのか』を必死に考えるようになりました。そのおかげで、中学以降レベルが上がった時に(時国さんはセレクションからFC町田ユース[現・FC町田ゼルビアユース]に入団)でも個性を出せる選手になれたのかなと思います」
 
また、時国さんは小学校生活の最後には、川崎市の大会でベスト8まで勝ち進んでいます。その際、大会を通してチームの全ゴールを一人で叩き出すという荒業をやってのけています。
 
「最初から強いチームにいたら、みんなに引っ張ってもらうことに甘えて、自分の個性はあまり育たなかったかもしれません」と時国さんは語ります。
 
取材を通じて、時国さんが小学生の時から明確な意志を持って一つ一つの行動、意思決定をしていたことが分かりました。それが、世界トップクラスのビジネスマンでありながら、同時に台湾代表選手としてフットサルのワールドカップ最終予選を戦うという異色の経歴を支えているのでしょう。まずは目標を立て、そこから逆算してプランを立て、毎日目的を持って練習に臨みたいですね。
 

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

前のページ 1  2
取材・文 内藤秀明

関連記事

関連記事一覧へ

勉強と進路コンテンツ一覧へ(48件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 勉強と進路
  4. 「サッカーでの経験が、学業やビジネスの世界でも役立っている」元ゴールドマン・サックス、トップビジネスマンが語るサッカーの力

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題
    2017年9月21日
  2. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  3. 練習、試合で声が出ず活気のないチーム。子どもたちが声を出すようになる「声かけ」はある?
    2017年9月22日
  4. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  5. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  6. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  7. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  8. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. グラウンド確保に苦しむサッカー協会が模索する みんなが楽しめる工夫とは
    2017年9月20日

一覧へ