1. サカイク
  2. コラム
  3. 勉強と進路
  4. 我慢できずに怒ったり強制してしまう!それは大人の指導力不足

勉強と進路

我慢できずに怒ったり強制してしまう!それは大人の指導力不足

2014年11月 6日

キーワード:東京ヴェルディ

カラダ・ココロ・アタマをバランスよく育むため、様々なスポーツや運動の中に「学び」の要素を取り入れた新しいプログラム。それが、通信教育で知られる株式会社ベネッセホールディングスが開発した「エデュスポ」です。
 
10月には東京ヴェルディとコラボレーション。算数・理科・国語・社会などそれぞれ科目別にテーマを設定し、サッカーを通じた実践講座を数日間にわたって開催。株式会社ベネッセホールディングス グループ新規事業開発室の原田文雄さんは「エデュスポ」をスタートさせた狙いをこう話します。
 
「通信教育を中心に教育事業を展開してきたベネッセとしては、知・徳・体のうち、これまでは知の教育だけしか保証ができていませんでした。教育や子育てをするときには、心や身体を育むこともとても重要です」(取材・文・写真/杜乃伍真)
 
IMGP2436_1106.JPG
 

■コミュニケーション能力を養う指導とは?

今回、サカイク編集部ではエデュスポの『国語×サッカー』を取材。テーマは、コミュニケーション力を養うこと。この講座の中心となった東京ヴェルディの中村一昭スクールコーチは狙いをこう話します。
 
「コーチも保護者も子どもを育てていく中で、必ず大小の壁にぶち当たります。そのときに物事を解決するために必要なものは、コミュニケーション力だと思うんです。ぼくは東京ヴェルディで学校巡回などを担当させてもらっているのですが、最近は壁にぶち当たったときに挑戦しないで済ませてしまう子どもが多い印象を受けています。子どもたちに小さな壁を用意してあげて、徐々に自分からコミュニケーションをとれる環境をコーチがつくり出してあげることが重要だと思います」
 
用意したメニューそのものは、以下のようにシンプルなものでした。
 
・2人1組になってのボール交換
(ボールが空中にあるうちに何回手をたたけるか、ボールが空中にあるうちに体の部位のどこに触れるか、お互いが後ろを向いているときにどうすればボール交換がしやすいか、などバリエーションはさまざま)
 
・グループに分かれて練習メニューを考える。その意図を発表する。
 
中村コーチが用意したメニューの意図をこう話します。
 
「『サッカー×国語』を念頭に置いたものであって、実際はどんなメニューでも構わないと考えていました。狙いはコミュニケーション力を高めることにあります」
 
実際、メニューが進むと中村コーチが子どもたちにこう呼びかけました。
 
「いまからみんなの前で実演します。だれか手伝ってくれる人いる?」
 
なかなか子どもたちは手を挙げようとしません。すると中村コーチが子どもたちの顔を覗き込みながら手を差し伸べます。
 
「コーチもね、みんなの前で話すのはすごく緊張しています。思い切って挑戦してくれる人はいるかな?」
 
すると、子どもたちの中からひとり、思い切ったかのように手を挙げて参加してくれる男の子が。中村コーチが嬉し
そうな笑顔を迎え入れて、
 
「ありがとう。はい、みんな拍手~!」
 
そんなやりとりの繰り返しによって、子どもたちはだんだんと自ら手を挙げて自分の意見が言えるようになっていきます。

1  2
取材・文・写真/杜乃伍真

関連記事

関連記事一覧へ

勉強と進路コンテンツ一覧へ(48件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 勉強と進路
  4. 我慢できずに怒ったり強制してしまう!それは大人の指導力不足

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 練習、試合で声が出ず活気のないチーム。子どもたちが声を出すようになる「声かけ」はある?
    2017年9月22日
  2. 小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題
    2017年9月21日
  3. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  4. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  5. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  6. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  7. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  8. グラウンド確保に苦しむサッカー協会が模索する みんなが楽しめる工夫とは
    2017年9月20日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日

一覧へ