1. サカイク
  2. コラム
  3. 勉強と進路
  4. 【第1回】どうする? 勉強とサッカーの両立-『どちらを取るかで悩んだらサッカーを!?』

勉強と進路

【第1回】どうする? 勉強とサッカーの両立-『どちらを取るかで悩んだらサッカーを!?』

2010年12月 6日

キーワード:文武両道

■どちらを取るかで悩んだらサッカーを!?

好きなサッカーを続けながら勉強もしっかりやるように、子どもをうまくナビゲートするにはどうしたらいいでしょうか。教育現場のプロのアドバイスを聞きながら一緒に考えてみましょう。

DSC00710.jpgのサムネール画像サッカーに一所懸命になるのはいいけれど、練習が終わって家に帰ってきたらゲームとマンガばかり。まったく勉強する様子もないとなれば、保護者としては気が気でないかもしれません。何とかうまく勉強とサッカーとの両立を......と願うも当の本人はどこ吹く風で、先に控える進学のことなどを考えると落ち着かない気分になるのではないでしょうか。

「小学生のうちはやりたいだけやらせれておけばいいでしょう」と言い切るのは、【家庭教師のゴーイング】代表の齋藤義晃さん。高校2年生までの成績はクラスのビリから2番目だったが一念発起して「効率的な勉強法」をあみだし、偏差値30台から独自のやり方で早稲田大学に合格。 その経験を元に、大学在学中に「家庭教師のゴーイング」を設立した元"落ちこぼれ"の社長さんです。

「人生の中で思いっきり体を動かせるのは小学生から高校生までの限られた時間しかありません。また、スポーツを一所懸命やらせることで、根気やチームワーク、ここぞと言うときの勝負強さも学ぶことができます」

勉強とサッカー、どちらか片方を選べといわれたら「サッカーを!」という意外なコメント。約7万人の登録家庭教師を抱える派遣会社の代表の言葉とは思えません。しかし、これは、"両立はむずかしくない"ことの裏返しと思えます。中学受験や成績トップを目指しているのでなければ、のめり込んでいるものをやめてさせてまで勉強させることはありません。

「ただし、分数(かけ算と割り算)と漢字だけはしっかりやらせておかないと、あとで困ることになります」とのアドバイス。小学4年生から習う勉強内容は、中学・高校の学習の基礎になります。親が子どもの進路に不安を感じはじめるのもちょうどこの頃。強豪校のセレクションに合格するほどの実力があればいいのですが、なければ、たとえスポーツ推薦枠があったとしてもある程度の学力は要求されるでしょう。もちろん学力があればあるほど学校の選択肢も増えます。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

勉強と進路コンテンツ一覧へ(48件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 勉強と進路
  4. 【第1回】どうする? 勉強とサッカーの両立-『どちらを取るかで悩んだらサッカーを!?』

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. いつものダッシュに"ひと工夫"で「とっさの判断力」を鍛える~アスリート版シナプソロジー~
    2017年2月23日
  2. 頑張るわが子を食事でサポート!親ができるコンディション管理まとめ
     
  3. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  4. 子どもが心からサッカーを楽しむためには、まず親自身が心を「良い状態」にすることが大事
    2017年2月24日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 現役&元Jリーガーはどんなジュニア時代を過ごした?選手インタビューまとめ
     
  7. 『遊び』を通してサッカーに必要なスキルを身につける!子どもが楽しんで取り組めるトレーニングまとめ
     
  8. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  9. FCバルセロナの下部組織&サッカーサービスのスペイン人コーチに学ぶ「13歳までに身につけたい守備戦術」など
     
  10. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日

一覧へ