1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 子どもにとって重要なのは"百聞は一見にしかず"!見えない世界で学べる6つのこと

こころ

子どもにとって重要なのは"百聞は一見にしかず"!見えない世界で学べる6つのこと

2016年2月 1日

キーワード:コミュニケーションブラインドサッカー

ブラインドサッカーをご存知でしょうか? このスポーツは、視覚を閉じた状態でプレーするサッカーのことです。通常、人間は情報の8割を視覚から得ていると言われ、目で見る情報はとても重要なことです。だから、ブラインドサッカーをプレーするのに大切なのは『音』と『声』のコミュニケーションです。今回は、このことを2回の連載のなかでご紹介します。(取材・文 木之下潤)
 
burasaka01.jpg
 

■目が不自由な人と触れ合うことで学べる6つのこと

生徒 「ブラインドサッカーをしていて『怖い』と感じることはありますか?」
 
秋葉選手 「最初はアイマスクをしてプレーするし、まったく見えない状態になるから怖かった。自分がどこにいるのかもわからなかったしね。でも、チームメイトやガイド(味方にゴールの位置を伝える選手)が大きな声を出してくれるし、自分も声を出しながら仲間を信じてプレーしたら不安はなくなった。みんなで協力することが大切かな」
 
昨年の9月に青梅市立第五小学校で開かれた『スポ育』という体験教室での生徒と弱視クラスのブラインドサッカー日本代表・秋葉選手との会話です。スポ育とはチームワークやコミュニケーション、障がい者に対する理解などたくさんの学びを、ブラインドサッカーを通じて得る体験学習のこと。
 
この日は、4年生の3クラスが講師として訪れた秋葉茂選手とともに楽しくボールを蹴っていました。『スポ育』は人権教育の一環として導入しているそうですが、生徒にとっては教科書から学ぶよりも大きな経験を得られたようです。今年赴任した徳長邦彦校長は、以前の学校でもスポ育を取り入れており、生徒たちの変化をこう感じていました。
 
「子どもたちにとっては、目の不自由な人がボールを止めたり、シュートしたりするイメージがなかったようです。選手のプレーを目の前で見て、また自分が体験してみて『こういうことだったのか』と実感しています。この経験を通じ、初めて目の不自由な人たちも『ぼくらと同じ普通の人なんだ』と発見するようです。それまでは『目が見えないから何もできなんだ』と思っていたのが、『目が見えるぼくらと同じことができるんだ』とわかる。このことが子どもたちにとっては大切なんですよね」
 
健常者である生徒たちにとって、目の見えない生活は未知の世界。まったくイメージができないのは当たり前です。体験学習後の質問コーナーでは、秋葉選手と子どもたちの間でこんなやりとりがありました。
 
生徒A  「料理は作るんですか?」
秋葉選手 「簡単な料理なら何でも作れるよ。僕は少し見えるから。卵焼きとかね」
 
生徒A  「えー、すごい」
生徒B  「私も作れるよ」
生徒C  「オレ、料理できない」…
 
これから多くのことを経験して学ぶ子どもたちは、『今は単に知らないことが多いだけ』なのです。それは昨今うたわれるコミュニケーション下手などについても同じことが言えるでしょう。そもそもブラインドサッカー協会は、スポ育事業の目的を6つ掲げています。
 
1.障がい者に対する理解の促進
2.コミュニケーションの重要性の認識
3.個性の尊重
4.チームワークの向上
5.ボランティア精神を育む
6.チャレンジ精神の醸成
 
次ページ:アイマスクをつけるとコミュニケーションの大切さがわかる
 

ブラインドサッカーHPはこちら>>
 
スポ育はこちら>>
 
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

 
1  2
取材・文 木之下潤

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(172件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 子どもにとって重要なのは"百聞は一見にしかず"!見えない世界で学べる6つのこと

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 子どもの足を速くしたいなら必見!足が速くなる記事まとめ
     
  2. 勝つために上手い子を優先してしまう。上手くない子を上達させるにはどうしたらいい? [池上正コーチングゼミ]
    2017年4月20日
  3. 9歳でなぜサッカーやめたいのか問題
    2017年4月19日
  4. 子どもを「勝たせたい」「うまくさせたい」よりも先に、大切にしてほしい"10の心得"
    2017年4月17日
  5. すぐ早く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の早く走る方法
    2013年6月13日
  6. 子どもは失敗に敏感!うまくいっていない事には親が「無愛想」になって良いイメージを描かせよう
    2017年4月21日
  7. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  8. 足の速さは姿勢で決まる!足が速くなる姿勢をつくる3ポイント
    2016年5月27日
  9. すぐに、誰でも、簡単に! 速く走るために大切な3つのポイント
    2013年9月18日
  10. 【5/12盛岡開催】子育てのお悩みを解決する『ヒント』サカイク保護者向けセミナー
    2017年4月 3日

一覧へ