1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. サッカーは早くはじめたほうがうまくなるって本当!? 教えてクラウスコーチ

こころ

サッカーは早くはじめたほうがうまくなるって本当!? 教えてクラウスコーチ

2015年12月11日

キーワード:クラウスドイツモダンフットボール少年サッカー

サッカーと出会い、やってみたいなと思う時期は人それぞれです。早期教育の有効性が盛んに叫ばれ、どのジャンルでもはじめるなら早ければ早い方がいいとされる風潮もあるかと思いますが、それだけが正解ではありません。筆者自身、サッカーを始めたのは高校に入ってから。その点だけで考えると致命的なデメリットとなりそうですが、遅く始めたからといってサッカーがうまくならないわけではありません。ボールに触れている時間がとにかく楽しかったので、遅くからスタートしたことをマイナスに考えたことはありませんし、大学卒業後にドイツにきてからは毎週リーグ戦という環境に身を置けたことも大きかったと思われます。33歳の時にはドイツサッカー協会A級ライセンス講習会で、元ドイツ代表選手や元ブンデスリーガ選手を含む同期の仲間との紅白戦でしっかりとサッカーができるレベルにまで成長することができました。(取材・文 中野吉之伴)

 

2929894986_477a8fd63f_s.jpg

 

[読者からのしつもん]
サッカーをはじめるのは、早ければ早いほどいいのでしょうか? 4年生からサッカー少年団に入った息子は、1年生からはじめた子には勝てないのでしょうか? 教えてクラウスコーチ!!

 

■子どものレベルに合った環境からはじめよう

遅い段階でクラブに入団してくる。これはどんな少年サッカーチームでもあることだと思います。そのような子をどのように迎え入れ、サポートすべきか。サッカー経験者とはどうしたって差がありますから、最初からすべてがうまくいくわけではありません。すでにほかのスポーツをしていて、基本的な運動能力を持っている子ならば、そこまで問題はないかもしれません。しかし、これまでスポーツをほとんどしていなかったという子が入ってくることもあります。ボールを扱うどころか、身体の使い方もうまくはない。ほかの子どもたちと一緒に練習をしていても明らかに大きな差がある。そうしたときに「君はサッカーに向いていないから」とさじを投げてしまっていいのでしょうか。
 
「優秀な子どもたちが集まったトップレベルのクラブだったら、うまくいかない子どもはそこでの挑戦をあきらめて、自分のレベルに合ったクラブを探すという選択肢がある。でも、普通にあるアマチュアクラブはだれでも登録することができる存在だ。私にとってまず大切なのは、子どもたちがサッカーをしたくて、うまくなりたくて練習に来ているという環境だよ。代表選手を育てることが目標じゃないんだ。サッカーをしに来ているはずの子どもたちに、わざわざ『いいか、一生懸命サッカーをするんだぞ!』なんて言いたくもない。サッカーをしたくてうちに来る子どもたちを、私はポジティブにサポートしたい」
 
 

■まわりの子と比べる必要はない!「できない」という視点は捨てよう

クラウスはそう指摘します。「できない」という視点を持つということは、ほかの何かと比較しているから生まれるものです。チーム内のできている選手、あるいはその年代までに到達してほしい理想とする目標。そしてできる方を基準にものを見てしまい、「彼と彼はできるのに、何であいつはできないんだ」という視線を持ってしまう。練習がうまくいかないのは子どもたちの技術不足ではなく、コーチが難易度や強度の調整を間違えたためです。できないことをできるように導いていくのがトレーニングです。外から定められた枠にばかり縛られるべきではないですし、その子にとって今やっている練習が難しいならば下の学年でもできるような簡単な練習から始めるのが大事です。クラウスも同調します。
 
「その通りだ。練習ではつねに子どもたちの能力、状態に応じた難易度、強度が調整されなければならないからね。そしてコーチや親はつねに我慢強く成長を待たなければならない。『なんでいつまでもできないんだ』というイライラは子どもにとってストレスにしかならないし、それで成長が促されることはない」
 
「うちのサッカースクールにも、ときにはまったくサッカーができない子が来ることがある。でも、自分から練習に取り組める環境をつくり、ポジティブに励まし、時間をかけて見守れば、仲間たちとサッカーができるレベルには到達できるんだ。誰もがプロになれるとは言わない。でもサッカーができるレベルにはなれるんだ」
 
次ページ:ひとつひとつのトレーニングの積み重ねが大切
 

●この記事を読んだ方へおすすめ●

子どもが夢中になる!1対1に強くなる練習メニュー

MF_banner_300x250_waribiki01.jpg

負けず嫌いな子どもの「やる気」を引き出しながら、1対1や球際の強さ、シュートへの意識などもしっかり身につけられるトレーニングメニュー集。今なら無料メルマガ登録で練習メニューの一部を試聴することができます!

商品詳細はこちら
サカイク編集部が厳選したオススメ商品が満載!
E-3ショップ
サッカー育成メディアNo.1のサカイクが自信をもってオススメする商品を集めました。ここだけのオリジナル商品もあり!
 
IMG_3448_s.jpg
日本のお父さんお母さんの悩みに答えたい!!ドイツ育成の第一人者クラウスコーチへのしつもん、大募集!!

1  2
取材・文 中野吉之伴 Photo by Chip Griffin

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(173件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. サッカーは早くはじめたほうがうまくなるって本当!? 教えてクラウスコーチ

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日

一覧へ