1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 親子で触れ合うゆとりの時間 朝ヨガで心を通じあわせる

こころ

親子で触れ合うゆとりの時間 朝ヨガで心を通じあわせる

2013年8月21日

キーワード:リラックス

0201ねこ丸める_600.jpg
 
身体と心に効くヨガのお話し。引き続きヨガインストラクターの加地由樹子先生にお話をお聞きしています。
子どもたちのイライラ解消、親子の触れ合いにも有効なヨガ。体が柔らかくなればケガを防げるという効果もあります。心と身体に効くヨガ、今日は いよいよ実践編です。すぐに試せるヨガのポーズを教えてもらいます。それでは早速やってみましょう。
 
 
 
<<呼吸を感じてみることが大切! ヨガで身体と心を整える
 
 

■起き抜けのヨガで心と身体が変わる

最初にやってみたいのが上の写真の「ねこのポーズ」です。朝に行うことで、身体が目覚めて、放課後のサッカーのパフォーマンスアップが期待できます。
 
四つん這いになってお尻から頭のてっぺんまでを意識して息を吐きながら背中を丸めます。
このとき肩甲骨の間を広げるような感覚で背中を丸めるといいでしょう。
 
次に息を吸いながら胸を広げます。
 
0202ねこそらす_600.jpg
 
ヨガは全身の血流の循環を促す効果があります。このポーズを朝起き抜けにやるだけで、身体が目覚めて行きます。
 
0203肩ストレッチ_600.jpg
 
朝にもうひとつやっておきたいのが「肩のストレッチ」です。左手を右の腕の下に通して、肩の外側とこめかみを地面につけるようにします。このとき、全身の力を抜いてリラックスするようにしましょう。頭に血液が流れやすくなるため、すっきりする効果があります。これはもちろん左右を入れ替えて行います。一組でひとつのポーズと考えてください。
 
朝のヨガはこれから身体を活動的にするためにとても効果的です。人間の身体は放っておくと前屈みになりがちです。猫背でいると「胸を張って」「姿勢が悪い」と昔から言われていたのも実は意味があってのこと。前屈みの姿勢は心まで内向きにさせます。朝は胸をしっかり開く動きを取り入れて、心の扉も開け放ちましょう。
 
こういったヨガの動きは朝だけでなく、緊張に包まれた大事な試合の前、心を落ち着かせるにも効果的です。全身の力を抜いて、いざ試合に臨む前にチームのメンバー全員で行ってみてもいいかも知れません。
 

■心を通じ合わせる親子でできるヨガ

 親子の触れ合いは何よりも大切なものです。「手当」という言葉があるように、物理的に身体が触れ合うことで育まれるものがたくさんあります。親子でやるヨガもできれば忙しい朝に時間を作って、ゆとりの気持ちを共有しながら取り組むとより高い効果が得られます。
 
 身体を触れ合わせながら子どもの体温や呼吸を感じて、体調や心の調子を感じ取ることができれば、ちょっとした異変や小さな悩みなども知ることができます。またそれ以上に子どもたちはお母さんと触れ合うことで安心し、精神的に安定するものです。できれば二人で呼吸を合わせながら行ってください。
 
「ペアで行う犬のポーズ」
 
0204ペア犬_600.jpg
 
親子で向き合って、相手の肩に手を置きましょう。少しずつ後ろに下がりながら上体を低くして、ちょうどいいところで深い呼吸をしてください。
 
「ペアで行う三角のポーズ」
 
0205ペア三角_600.jpg
 
親子で背中合わせになり、足を左右に大きく開きます。右足のつま先は正面に、左のつま先は90度外に向けましょう。息を吐きながら上体を横に倒し、相手の足に手を下ろして深い呼吸をしましょう。このポーズも左右を変えて交互に行います。
 
今回は数限りなくあるヨガのポーズから、「朝」に絞っていくつかのヨガのポーズを紹介してもらいました。本来ヨガのポーズは正しい姿勢で行わないとその効果も期待できません。今日紹介したポイントはぜひ守って行ってほしいのですが、特に親子でやるヨガについて、加地先生はそれよりも大切なことがあると言います。
 
「まずは親子でお互いに向き合う時間を作ること。触れ合いを持つことでしっかりと存在を感じること。お子さんのお腹を触って呼吸を確かめたり、一緒にポーズをすることで呼吸を合わせることが何よりも貴重な時間です。『今日は少しイライラしているな』『元気がないな』とお子さんと自分の心と身体の状態をチェックして、そのことに向き合う時間を持つことが何よりも大切な“第一歩”です」
 
激しい動きではありませんが、ヨガのゆったりとした動きは、表面の筋肉ではなく、身体の奥深くにある筋肉、インナーマッスルを刺激する効果も あります。もちろん柔軟性もサッカーのプレーになくてはならない要素です。
気持ちを落ち着かせるのにも有効で、身体も鍛えられる一石二鳥のヨガ。何かと慌ただしい朝の時間に、ほんの少しだけ早起きしてゆとりの時間を共有 してみませんか? 
 
 
_MG_0811_5.jpg
加地由樹子(かちゆきこ) 
 ヨガインストラクター。全米ヨガアライアンス修了、インド政府公認ヨガインストラクター 、シュミッツの森・ヨガ指導者養成コース講師、マタニティヨガ認定指導員。ヨガを通して自分と向き合うことの大切さを学び、シェアしている。 現在は個別により深くサポートすべくコーチングも勉強中。 
フェイスブックページはコチラ
 
『カラダとココロのプロと一緒に本当の自分をみつけよう!』 
9月7日(土)池袋にて開催 
詳細はコチラ
1
取材・文/大塚一樹 写真提供/加地由樹子

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(173件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 親子で触れ合うゆとりの時間 朝ヨガで心を通じあわせる

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「下手くそ」「センスない」コーチの暴言に耐えられない中1の息子を辞めさせていいのか問題
    2017年7月19日
  2. 自主練にも役立つ! 知っておきたいU-12世代のフィジカルトレーニング
     
  3. あなたの子どもはきちんと「ごはん」を食べてますか? 多くても、少なすぎてもダメなお米の栄養素と役割
    2017年7月20日
  4. 自分は楽しくプレーさせたいのに同じチームのコーチが厳しい! 指導法が違うギャップをどう埋めればよいのか
    2017年7月21日
  5. なぜ、全国経験のないサッカー部から毎年Jリーガーが輩出されるのか?
    2015年7月23日
  6. このままだと終わる! とコーチに言われ息子落ち込む問題
    2017年7月26日
  7. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  8. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  9. ミズノのジュニア向けスパイクをプレゼント!洗濯に関するアンケート
    2017年7月24日
  10. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日

一覧へ