1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. メンタルトレーニングコーチ大儀見浩介さんが語る「やる気の高め方」

こころ

メンタルトレーニングコーチ大儀見浩介さんが語る「やる気の高め方」

2011年11月16日

キーワード:サッカーノートメンタル

日本代表の長友佑都選手のパーソナルトレーナー・木場克己氏と、サカイクでもおなじみ、メンタルトレーニング・コンサルタントの大儀見浩介氏が「いま一番受けたい授業 フィジカル×メンタル」と題して行ったコラボセミナー。今回は大儀見さんのお話をお届けします。
 
<<長友選手のトレーナー木場さんが語る「体幹トレーニングのポイント」から読む
 
IMG_9_2.jpg  IMG_2_2.jpg
 

■選手のやる気、モチベーションは2種類ある

大儀見さんはサッカーを中心に活動するメンタルトレーニングコーチとして、様々なプロ選手、チームの心理面をサポートしています。その中で、トップレベルになれる選手の心理面と、そうでない選手の心理面には次のような違いがあると言います。
 
「選手のやる気、モチベーションには2つの種類があります。1つが内発的なモチベーション。これはサッカーが好きで、楽しくて、もっとうまくなりたい!というような、内面から湧き出てくるやる気のことです。もう1つが外発的なモチベーションと言って、監督やコーチに「やれ」と言われるからやったり、ご褒美や報酬など、自分以外の外からの刺激によって「やらされている」選手のことを言います」(大儀見さん)
 
トップアスリートの多くが、好き、楽しい、面白いという内発的なモチベーションをもとにサッカーと向き合い、日々のトレーニング、試合に取り組んでいるそうです。そこで「上達するためにはどうすればいいか?」を考え、試行錯誤しながら成長していきます。それはなにもトップアスリートだけでなく、ジュニア年代や中高生でも同様だそうです。
 

■将来の自分の姿をイメージすることが重要

それでは、どうすれば内発的なモチベーション、つまり「やる気」を高めることができるのでしょうか? 大儀見さんは言います。
 
「そのひとつが目標設定です。将来、自分はこうなりたいというイメージを作り、そこへ到達するためのプランを立てます。目標を立てて、自ら進んでやる気持ちを高めることで思考が変わり、行動が変わります。すると、結果も変わっていきます」
 
目標設定のポイントは、将来の自分の姿をイメージすることです。それはつまり、イメージトレーニングでもあります。大儀見さんは選手を指導するときに、イメージトレーニングの重要性をこう説いているそうです。
 
「みなさんは、怖い夢を見て、汗をかいて飛び起きた。あるいは、悲しい夢を見て涙が出たことはありませんか? このように人間の脳は、実際に見たものと自分がイメージしたものとを区別することが苦手なのです。その性質を利用したのがイメージトレーニングです。事前に頭の中でシミュレーションをしておけば、本番のときにパニックになったり、焦る気持ちを抑えることができます。それは、心理的な準備ができているからです」
 
イメージトレーニングは、本番での実力発揮に役立つそうです。また、大儀見さんがサポートしているチームでは、イメージトレーニングの一貫としてサッカーノートを活用していると言います。たとえば、その日の練習で気をつけることやプレーのイメージをイラストで書きます。ノートに書くことによって、頭の中でプレーのイメージを作るそうです。
 
「新しい技術を習得するときにも、すぐにボールを使うのではなく、まずはスローモーションで体の動きをイメージしてみてください。頭の中で自分の動きを再生し、巻戻し、早送り、スローモーションなどのイメージを作ったあとに、実際のスピードでやってみると、技術習得のスピードはアップします」(大儀見さん)
 
IMG_5.JPG
 
大儀見さんの講習のあとは、参加者からの質疑応答の時間です。活発に質問が飛び交い、予定していた時間はあっという間に過ぎて行きました。木場、大儀見両氏とも「時間が足りないぐらいでしたね。次も機会があればぜひやりましょう」と意気投合。心と身体のスペシャリスト同士、通じるものがあったようです。
 
心技体という言葉があるように、心と身体は密接に関わっています。「身体を鍛える、治すだけでは駄目。心のケアや声かけでも回復力は変わってくる」と木場さんが語るように、みなさんも両方からのアプローチを心がけてみてください。
 
 
IMG_11.JPG
大儀見浩介//
おおぎみ・こうすけ
メンタルトレーニング・コンサルタント。東海大学体育学部にて応用スポーツ心理学を学び、サッカーだけでなく、新体操女子U18日本代表や教育、受験対策など、様々な分野でメンタルトレーニングを指導している。著書に「クリスチアーノ・ロナウドはなぜ5歩下がるのか~サッカー 世界一わかりやすいメンタルトレーニング」(朝日新聞出版)、「心理戦術が日本サッカーを進化させる」(白夜書房)がある。公式HP『Mentalista
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
お父さん・お母さんも一緒にチャレンジ!!『サッカーノートの書き方』
サッカーノートを使って親子で目標設定!
家にあるものを使った親子のポジティブコミュニュケーション術
脳に動きをインプット!『イメージトレーニング』でレベルアップしよう
 

 

1
取材・文・写真/鈴木智之

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(178件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. メンタルトレーニングコーチ大儀見浩介さんが語る「やる気の高め方」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. パスタは和食のデメリットを解消!? 体を大きくするためにパスタがおすすめな理由
    2017年9月11日
  2. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  3. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日
  4. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  5. 誰もが心の中に持つ「やさしさ」を引き出す「魔法の声かけ」とは?
    2017年9月13日
  6. その褒め方、選手にちゃんと響いてる? 子どもたちが伸び伸びプレーする「声かけ」とは
    2017年9月12日
  7. 育成大国オランダがジュニア年代から5号球を使う理由【PR】
    2017年9月13日
  8. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  9. 【10月関東開催!】試合中の一歩目が速くなる!『タニラダー講習会』
    2017年9月14日
  10. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日

一覧へ