1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【編集部特選】コミュニケーション力を高めよう!‐Part2

こころ

【編集部特選】コミュニケーション力を高めよう!‐Part2

2011年4月29日

キーワード:コミュニケーションメンタル

新年度がはじまって、もうすぐ1カ月。新生活や新しいチームにも少しずつ慣れ、選手たちも、お父さん、お母さん、そして指導者のみなさんの"モチベーション"もどんどん上昇している頃だと思います!

そこで編集部では、頑張る気持ちをもっともっと応援していこうと、『コミュニケーション』についての復習をしてみました。サッカーの場面だけではなく、仕事や日常生活での役立つ『こころ』の意識改革を、一緒におさらいしてみましょう!

11.4.28-1.jpg 

■子どもはいろいろなところを"よく見ている"

サッカー選手などに話を聞くと「お兄ちゃんがサッカーをしていて、楽しそうだったから(サッカーを)はじめました」という言葉をよく耳にします。子ども(選手)は、家族や友だちなど、自分の周りにいる"人間"のことをよく見ています。身近にいる人の楽しそうな姿に影響され、自分も行ってみる。同様に、ネガティブな意識も、うつってしまうこともあります。お父さんやお母さんが試合で「なんでミスしたの?」と強い口調で伝えてしまうと、今度は、子どもが仲間(友だち)に「なんでミスしたんだよ!」と、マイナスの連鎖を生み出してしまうのです。お父さんやお母さん、そして指導者が一生懸命な姿は、子どもたちに伝わります。それが自分のためだと、小さいながらも感じているからでしょう。日常生活でも同じように、子どもたちは、いろいろなところを"よく見ている"ので、子どもにとってもプラスになるような働きかけを意識してみましょう。

■"ほめること"は最良のクスリ!

毎日の生活の中でも、誰かから"ほめられる"という行為は、うれしい気持ちを生み出しますよね。編集部でも「あの記事すごくよかったよ!」「このインタビュー面白かったね」と声をかけられると「よし、次も頑張ろう!!」という前向きな心が生まれます。サッカーでも同じです。試合や練習の中で、子ども(選手)のいいところはたくさん見つかります。それを伝えることで、子どもの気持ちはポジティブ変換していきます。例えばミスをしてしまったあとに、「シュートは外しちゃったけど、ドリブルはすごくよかったよ」など、ほめる言葉を伝えれば、発信した方も、いいところをどんどん見つけるような見方に変わり、プラスの意識が自然と生まれてくるのです。

1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(173件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【編集部特選】コミュニケーション力を高めよう!‐Part2

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  3. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  4. 「褒める」も「叱る」も大事! 子どもの状態に応じて使い分けることが自立のサポートになる
    2017年8月 8日
  5. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  6. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  10. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     

一覧へ