1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【編集部特選】コミュニケーション力を高めよう!‐Part1

こころ

【編集部特選】コミュニケーション力を高めよう!‐Part1

2011年4月28日

キーワード:コミュニケーションメンタル

新年度がはじまって、もうすぐ1カ月。新生活や新しいチームにも少しずつ慣れ、選手たちも、お父さん、お母さん、そして指導者のみなさんの"モチベーション"もどんどん上昇している頃だと思います!

そこで編集部では、頑張る気持ちをもっともっと応援していこうと、『コミュニケーション』についての復習をしてみました。サッカーの場面だけではなく、仕事や日常生活での役立つ『こころ』の意識改革を、一緒におさらいしてみましょう! 

11.4.28-1.jpg

■『聞いてみる』ことが自立につながる

お父さん、お母さん(指導者)が子ども(選手)に質問をする。すると、自分に対する問いかけに、子どもは一生懸命、答えようとします。それが"考える力を引き出すこと"の第一歩です。質問内容を理解していれば、すぐに答えられますし、(答えが)分からなければ理解ができていないということ。つまり、質問者にとっても、子どもの理解度を知るキッカケになります。そこで、大切になるのが『聴く』ということです。

■聴く、そして待つことが大事

話を聴くことは、相手が安心して自分の考えに気づく助けとなります。そのときに大切なのは、答えがでるまで待つことです。すぐに答えが出ないときは、考えている時間です。黙っているときは、子どもは自分と向き合って、本当の答えを探していると考え、待つことができることは、お父さん、お母さんの"聴く力"になります。たとえ時間がかかって「分からない」と口にしたとしても、それが、本当の気持ちです。考えて出した答えを自分の言葉で発することで、自分が分からないということが、子どもにとっても分かるのです。そうすれば、お互いが理解できるように努力することにつながっていきます。

■「なぜ?」を「なに?」変換しよう!

勉強、仕事、生活。さまざまな場面で「なんで●●なの?」といってしまうケースはよくあります。もちろんサッカーにおいても、「なぜミスをしたの?」「なぜシュートを打たなかったの?」などなどです。 何気ない一言でも「なぜ」という言葉は、なんとなく批判(攻撃)を受けた印象を生み出してしまうことがあります。でもここで一度一呼吸をおいて、頭の中の質問を"なに変換"してみましょう。 「ミスをしたのは何でだろう?」「シュートが打てなかった原因はなんだろう?」 先ほどより、だいぶ印象が変わったように聞こえませんか? "なに変換"をすることで質問された人は『あなたの考えやあなた自身のことをもっと知りたいから教えて』というような意味が含まれているように感じられます。そうすると安心して自分のことを話せるようになります。ちょっとした意識の変化で、新たなコミュニケーションは生まれていきます。

1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(178件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【編集部特選】コミュニケーション力を高めよう!‐Part1

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 練習、試合で声が出ず活気のないチーム。子どもたちが声を出すようになる「声かけ」はある?
    2017年9月22日
  2. 小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題
    2017年9月21日
  3. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  4. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  5. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  6. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  7. グラウンド確保に苦しむサッカー協会が模索する みんなが楽しめる工夫とは
    2017年9月20日
  8. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 【10月関東開催!】試合中の一歩目が速くなる!『タニラダー講習会』
    2017年9月14日

一覧へ