1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【第10回】子どものメンタル、親のメンタル - 上手くほめる技術とは

こころ

【第10回】子どものメンタル、親のメンタル - 上手くほめる技術とは

2011年2月20日

キーワード:コーチングメンタル自立親子のメンタル

■子どもがミスをしたら「サンドウィッチ・テクニック」で対応

このコーナー第10回目は、講師のメンタルトレーニング・コンサルタント、大儀見浩介さんに「誉め方のテクニック」についてお話をお聞きしていきます。

子どもの気持ちを乗せ、やる気をアップさせる。そのために効果的なのが、『誉める』ことです。第4回でもお伝えしましたが、子どもの努力やチャレンジを誉めることで肯定し、「もっとうまくなりたい」という気持ちに火をつけることができたら、どんどん上達していきます。

とはいえ子どもの中には、要領が悪く、失敗を繰り返す人もいます。そんな時こそ、失敗を指摘して怒るのではなく、『誉め』を効果的に使ってみてください。誉めるときのポイントは、結果だけを見て判断するのではなく、チャレンジしたことや努力の過程に目を向けることです。

『失敗は成功のもと』とはよく言ったもので、チャレンジに失敗は付き物です。そこで失敗に対して「なにやってるんだ!」と非難すると、次からチャレンジしようという気持ちはなくなり、確実にできることだけに意識が向かいます。それでは、なかなか成長に結びつきません。

新しいこと、できないことにチャレンジするときに失敗するのは当たり前。そう思っていると、ちょっとしたミスや失敗に腹をたてにくくなります。ミスをしたときは「次、次」と気持ちを切り替えさせ、うまくいったことがあれば、そこにフォーカスして徹底的に誉める。これを意識して、子どもと接してみてはいかがでしょうか。

ミスに対してアドバイスをしたいときにお勧めなのが『サンドウィッチ・テクニック』です。これはアドバイスを『誉め』で挟む方法です。たとえば、シュートミスが続いている子どもにアドバイスをするとき。

<最初に「シュートに向かう意識が高くていいぞ!」と誉めて、心の耳をこちらに向けさせます。次に「もう少し、コースを狙って蹴ってみたらどうだ」と、アドバイスを伝えます。そして最後に、「キミのシュート力があれば、相手のGKはキャッチできない。思い切ってプレーしよう」と、誉めることで気持ちを乗せて、やる気にさせます。

プラスの言葉をかけることで、心の耳を開かせてからアドバイスをし、プラスの言葉で締めくくる。そうすることで、言われた方も気分良く、アドバイスを受け入れることができます。これは子どもに限らず、大人同士でも有効なテクニックなので、日常生活等でぜひ使ってみてください。

1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(178件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【第10回】子どものメンタル、親のメンタル - 上手くほめる技術とは

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題
    2017年9月21日
  2. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  3. 練習、試合で声が出ず活気のないチーム。子どもたちが声を出すようになる「声かけ」はある?
    2017年9月22日
  4. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  5. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  6. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  7. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  8. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. グラウンド確保に苦しむサッカー協会が模索する みんなが楽しめる工夫とは
    2017年9月20日

一覧へ