1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【第7回】子どものメンタル、親のメンタル -「監督やコーチに対してすべきこと」

こころ

【第7回】子どものメンタル、親のメンタル -「監督やコーチに対してすべきこと」

2010年12月20日

キーワード:メンタル自立親子のメンタル

■保護者が監督やコーチに対してすべきこと

このコーナー第七回目は、講師のメンタルトレーニング・コンサルタント、大儀見浩介さんに、「保護者が監督やコーチに対してすべきこと」についてお話しをお聞きしていきます。

「保護者と監督・コーチが良好な関係を築くことは、チームを円滑に運営する上で欠かすことのできないものです。保護者と指導者の間で共通理解や価値観の共有ができていれば、子どもたちも迷うことなく、サッカーに打ち込むことができます。そこで今回はチーム力をアップするために"保護者が監督やコーチに対して、やってほしいこと"について、お話ししたいと思います。

【その1:プレーに関する指示は監督・コーチに任せる】

まず一つ目は"コーチングは監督・コーチに任せること"です。こんなの当たり前だろうと思う方も多くいると思いますが、これが守られていない場面をよく見かけるのです。たとえば試合中、選手が自分で考え、プレーしようとしているときに"クリアしろ!"や"シュートを打て!"など、ピッチサイドからコーチングをする保護者の方がいます。

せっかく監督やコーチが選手の判断を尊重し、見守っているのに、親が横から口出しをしてしまっては本末転倒です。"がんばれ"や"ドンマイ"などの声援は励みになるので良いと思いますが、プレーに関する事柄はグッとこらえて、口を出さないようにしてあげてほしいと思います。

【その2:監督・コーチの立場を尊重する】

二つ目の"やってほしいこと"は、"コーチの立場を尊重すること"です。ピッチの中での出来事は、監督やコーチの領域です。保護者が外から戦術的・技術的な声かけや指導をすることは、監督やコーチの領域を犯していることになります。試合会場など、子どもが指導者の指揮下にある場合、尊重すべきは親の感情ではなく、コーチの考えや立場です。これはぜひ忘れないでいてほしいと思います。

【その3:監督・コーチとポジティブなコミュニケーションをとる】

3つ目は"チームの情報を保護者と指導者が共有すること"です。そのために定期的に話し合いの場を設けるのもいいと思います。保護者と指導者のあいだに感情的な行き違いが見られる場合、原因の大半がコミュニケーション不足です。指導者と保護者が話し合いをした結果、両者の不信感が解消され、チームの雰囲気が良くなった例はたくさんあります。

1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(161件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【第7回】子どものメンタル、親のメンタル -「監督やコーチに対してすべきこと」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「厳しいサッカーよりも楽しいサッカーをしてもらいたい」徳永悠平のサッカー少年の育て方
    2017年1月10日
  2. 本来の力が発揮できなくなるかも?"ポジティブシンキングの罠"に注意
    2017年1月12日
  3. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  4. JリーグMVP中村憲剛がサッカー少年に伝えたい、うまくなるための「考え方」とは
    2017年1月17日
  5. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  6. 「自分の内側からやりたいと思えることを続けてほしい」FC東京・徳永悠平の父親論
    2017年1月11日
  7. 父は思春期とどう向き合えばよろしいか問題
    2017年1月16日
  8. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  9. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  10. ケンタッキーフライドチキンカップ(埼玉)参加チーム募集
    2017年1月17日

一覧へ