1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【第5回】子どものやる気を引き出すために --「自分の感情を主語にして伝える」

こころ

【第5回】子どものやる気を引き出すために --「自分の感情を主語にして伝える」

2010年12月 9日

キーワード:コーチング子どものやる気自立

■自分の感情を主語にして伝える

子どもたちの潜在的な意欲、能力を最大限に生かし、自立する力を養う「教育コーチング」という考え方。この普及に取り組んでいるのが、日本青少年育成協会です。第五回目のこのコーナーでは、PM級認定トレーナーの本田恵三さんに「気持ちの伝え方」についてお話を聞いていきます。

あなたは子どもに気持ちを伝えるときに、どんな表現をしていますか?

メッセージの伝え方には2つの種類があります。それは"Iメッセージ"と"YOUメッセージ"です。Iメッセージは"私"を主語にした言い方、YOUメッセージは"あなた"を主語にした言い方です。"私は腹が立った"これはIメッセージ、そして、"なんでお前はそんなことをするんだ"これはYOUメッセージです。

IとYOU、どちらが子どもに伝わりやすいと思いますか? それはIメッセージです。たとえば、試合で子供たちのプレーから覇気が感じられないとき。本田コーチが、"僕はすごく腹が立った"という言い方をすると、子どもたちはドキッとします。そして、"なんでだろう?" "どうしたんだろう?"と、コーチの気持ちを考えようとするのです。

Iメッセージは、自分から湧き上がる感情を相手に伝えます。感情の伝達は信頼関係がなければ成り立たないもの。Iメッセージで感情を伝えることで、言われた側は信頼を感じると共に、"承認されているんだ"と感じます。ですから、子どもに話をするときには、Iメッセージを使うことを意識してみてください。

我が子のプレーにふがいなさを感じたときに、"今日のあなたは諦めの中でプレーしているように見えた。お母さん、それが悲しかったな"とIメッセージで伝えると、子どもは"お母さんはもっとがんばれると思って、そう言ってくれているんだな"と、受け取ります。

YOUメッセージで"あなた、もっとがんばりなさいよ"と言うことと、お母さんの伝えたいことは同じですが、子どもの受け取り方、心への響き方が変わるのです。また、ポジティブな感情をIメッセージで伝えると、相手はとても喜びます。"今日のあなたのプレーを見て、私はすごく誇らしかった"と言われたら、どうでしょう。"今日のプレーとっても良かったよ"と言われるよりもはるかに子どもたちはうれしいはずです。自分のプレーが見る人の感情を揺さぶったわけですから。

相手と話をするときにはIメッセージとYOUメッセージの違いを意識してみてください。そうすることで、気持ちの伝わり方が変わります。

ko-tinn.jpg本田恵三//
社団法人日本青少年育成協会本部所属。少年サッカー指導歴15年のベテランコーチ。子どもたちのやる気を引き出す理論と手法に定評がある。

1

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(162件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【第5回】子どものやる気を引き出すために --「自分の感情を主語にして伝える」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. いつものダッシュに"ひと工夫"で「とっさの判断力」を鍛える~アスリート版シナプソロジー~
    2017年2月23日
  2. 『遊び』を通してサッカーに必要なスキルを身につける!子どもが楽しんで取り組めるトレーニングまとめ
     
  3. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  4. 子どもが心からサッカーを楽しむためには、まず親自身が心を「良い状態」にすることが大事
    2017年2月24日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. FCバルセロナの下部組織&サッカーサービスのスペイン人コーチに学ぶ「13歳までに身につけたい守備戦術」など
     
  7. 頑張るわが子を食事でサポート!親ができるコンディション管理まとめ
     
  8. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  10. 親子でサッカーを楽しむ!会話が弾むDVD活用術&自宅でできる簡単トレーニングまとめ
     

一覧へ