1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【第2回】子どものメンタル、親のメンタル -「親の心構え」

こころ

【第2回】子どものメンタル、親のメンタル -「親の心構え」

2010年12月 6日

キーワード:メンタル自立親子のメンタル

■子どもへの干渉はほどほどに

このコーナー第二回目は、講師のメンタルトレーニングコンサルタント、大儀見浩介さんに、「子どもへの干渉」についてお話をお聞きしていきます。

「試合会場に行くと、親御さんが熱心に声援を送っている姿をよく見かけます。それは素敵な光景です。子どもたちは親御さんの声援をパワーに変え、力いっぱいプレーすることでしょう。親御さんが練習、試合会場に来て応援するのは良いことだと思います。

しかしながら、時に行き過ぎた行動に出てしまう方を見かけることがあります。ジュニア年代の試合で多いのが、休憩時間に我が子を呼んで、ドリンクを飲ませて、汗をふいて、ユニフォームをパンツの中にしまってあげて、"はい、いってらっしゃい"と送り出すお母さんの姿です。これは過干渉です。

子どもの自主性を育む上でマイナスになる場合もあるので、控えたほうがいいでしょう。サッカーは"自分で考え、相手をよく見て予測、判断し、行動する"という自主性が大切なスポーツです。親が用具を用意して、飲み物を与えて......と先回りをして手助けしては、子どもはいつまで経っても自立することができません。日常生活のうちから、自分で考え、判断できるような接し方をしてほしいと思います。時には口出し、手出しをしたいことがあるかもしれませんが、そこをグッとこらえて見守ってあげてください。

サッカーに限らず、現代社会は"自分で考え、行動する"人材が求められています。その流れは、あなたのお子さんが成人し、就職する頃には顕著になるでしょう。"指示待ち人間""受身人間"では、通用しない社会になっているのです。

サッカーは、子どもの自主性を育てるためにうってつけのスポーツです。子どもが成長する機会を奪わないように、干渉しすぎないことを心がけてほしいと思います。放ったらかしはよくありませんが、少し離れたところで見守っていてください。

子どもの自主性、自立心を育てる接し方をすることで、成熟した大人への階段を上がって行くのですから。小学生から中学生にかけて、体はどんどん大きくなります。親御さんは体と同じように、心が成長する手助けをしてあげてください」

ogimi.jpg大儀見浩介//
メンタルトレーニング・コンサルタント。東海大学体育学部にて応用スポーツ心理学を学び、サッカーだけでなく、新体操女子U18日本代表や教育、受験対策など、様々な分野でメンタルトレーニングを指導している。著書に「クリスチアーノ・ロナウドはなぜ5歩下がるのか~サッカー 世界一わかりやすいメンタルトレーニング」(朝日新聞出版)、「心理戦術が日本サッカーを進化させる」(白夜書房)がある。公式HP『Mentalista』  http://www.mentalista.jp(PC)

1

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(172件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【第2回】子どものメンタル、親のメンタル -「親の心構え」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 足の速さは遺伝がすべてじゃない! 子どもに教えたいサッカーで速く走るコツ
     
  2. チームでいじめ発見どうしよう問題
    2017年5月17日
  3. 熱心なあまり子どもたちにダメ出し、試合で指示する保護者をどうしたらいいか?
    2017年5月22日
  4. 子どもに「来ないで!」と言われないために......。知っておきたい応援の心得
     
  5. すぐ早く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の早く走る方法
    2013年6月13日
  6. 足首の角度で蹴り分ける「インステップキック」
    2017年5月15日
  7. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  8. 「ディフェンスは腰を落とせ!」は間違いだった
    2014年5月20日
  9. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  10. 【関東会場】サカイクキャンプ2017夏 supported by umbro
    2017年5月 2日

一覧へ