1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【第1回】子どものメンタル、親のメンタル -「主役は子ども」

こころ

【第1回】子どものメンタル、親のメンタル -「主役は子ども」

2010年12月 6日

キーワード:メンタル自立親子のメンタル

■『主役は子ども』の気持ちを忘れずに

皆さんは人間の心理についてどれだけ知っているでしょうか。ここでは選手だけでなく親御さんのメンタルについても考察し、より良い親子関係や子どものサッカーライフについて考えていきます。 講師は、スポーツ選手の心理に精通するメンタルトレーニング・コンサルタントの大儀見浩介さんです。

「私は心理面の専門家として、10,000人を越える選手、選手の親御さんを指導してきました。その経験を元に、サッカーをする子を持つ親の心構えについて、考えていきます。

まず、ジュニア年代の子どもがサッカーに打ち込むために、親のサポートは欠かすことのできないものです。試合の送迎やお弁当の準備、スパイクやユニフォームといった用具の購入など、親がサポートすることはたくさんあります。そのように子どものサポートを続けていくと、徐々に欲求が芽生えてきます。具体的には"私が頑張ってサポートをしているのに、あの子はちっともうまくならないじゃない。試合にも出たり出なかったりで..."といったように、主語が"子ども"であるはずのところが、いつの間にか"私"にすり変わってしまうのです。

こうなると危険信号です。子どもに対する要求は、徐々にエスカレートしていきます。挙句の果てには"◯◯君と比べて、あなたはだらしなくてもう..."と、サポートをするはずが、攻撃を始めてしまうこともあります。これはせっかく情熱を注いでサポートをしているのに、親御さん、子どもの双方にとって不幸なことです。

そうならないために、親御さんは"主語は子どもなんだ"という気持ちを忘れずに、サポートしてあげてほしいと思います。子どもは親を満足させるためにサッカーをしているわけではありません。

サッカーが好きだから、楽しいからプレーしているのです。子どものサッカーは子どものもので、親のものではありません。親がすべきことはいたってシンプルです。それは、子どもと同じようにサッカーを楽しむことです。試合に勝った喜び、負けた悔しさを親子で共有し、時には背中に手を当てて見守り、時には背中を押してあげる。

サッカーを通じて親子間でポジティブなコミュニケーションをとることができたら、子どもはサッカーにのめり込んでいくことでしょう。 サッカーを通じて、親子共々、心も体も成長していく。それが理想の姿なのです」

1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(162件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【第1回】子どものメンタル、親のメンタル -「主役は子ども」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「子どものやる気を引き出すために、親がやる気になっていませんか?」風間八宏流・子どものやる気を引き出す方法
    2017年1月18日
  2. JリーグMVP中村憲剛がサッカー少年に伝えたい、うまくなるための「考え方」とは
    2017年1月17日
  3. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  4. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  5. 本来の力が発揮できなくなるかも?"ポジティブシンキングの罠"に注意
    2017年1月12日
  6. 父は思春期とどう向き合えばよろしいか問題
    2017年1月16日
  7. 目標を達成するために重要な「自信」の育て方
    2017年1月19日
  8. "対戦相手を思いやれる"バルサの12歳は、どのように育てられるのか
    2016年9月 1日
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  10. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日

一覧へ