1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 「蹴る」「止める」をコントロールできる日本発信世界基準スパイク

サッカー豆知識

「蹴る」「止める」をコントロールできる日本発信世界基準スパイク

2014年12月 3日

キーワード:アディダススパイク

世界のトッププレーヤーが絶対的な信頼をよせるアディダスのスパイク。次シーズンの注目は、12月1日に全世界同時発売開始される新型パティーク11プロだ。驚異の柔らかさと強さを両立させたこのモデルにフォーカスしてみよう。
 

adidas_logo.jpg

 

■縫い目のないカンガルーレザーで、「蹴る」「とめる」を思いのままにコントロールできる、日本発信世界基準のスパイク

adidas_main.jpg
 
内田篤人選手やフィリップ・ラーム選手など、ワールドクラスのトッププレーヤーが着用するこのモデル。技術、決定力、戦術眼などあらゆる能力を駆使してチームに貢献する選手にふさわしい究極の一足だ。昨年登場した前モデルからさらに進化を果たし、ハイクオリティの360°フィットアッパーが柔らかく足に馴染みながらも、タフなプレーを約束する。日本発信世界基準のパティーク11プロで、世界の頂を目指してほしい。12月1日全世界同時発売開始!
 
 
●01パティーク 11プロ ジャパン HG[ B44230]
adidas_main02.jpg
 
02 パティーク 11プロ ジャパン HG [B26772]
patheq_whitte.jpg
 
 
outsade-outsole.jpg
 
360°全方位における圧倒的なフィット感はそのままに、さらなる進化を果たした360°フィットアッパーが、選手の激しい動きを確実にサポート。前足部に採用されたノンステッチカンガルーレザーは表面に凹凸がなく、極上の素足感覚を実現。アッパー内側ではスエード調のネットを網目状に配したインナーネットが型崩れを防止するなど、圧倒的なタフネスを実現する。柔らかさと強さを両立したエレガントな一足だ。
 
Detail
detaile_adi.jpg
①なめらかな質感のノンステッチカンガルーレザー。ステッチがないことで精度の高いキックを約束し、圧倒的な素足感覚を実現する
②③前足部から甲部、ヒール、ソールにいたるまで、シンプルさとエレガントさを体現した1本のラインが貫く。センターバンドと呼ばれる斬新なデザインのポイントだ

●金額:¥18,360(税込)
●アッパー素材:ノンステッチカンガルーレザー×人工カンガルー調レザー
●アウトソール:合成底(TPUコンフォートフレーム、TPUマルチ丸型スタッド)
●サイズ展開:22.0 ~ 29.0cm
●対応グラウンド: 天然芝、人工芝
 
 

■Players:内田篤人選手

atsuto.jpg
日本代表不動の右サイドバックとして、スピード、正確性、状況判断能力、すべてにおいてワールドクラスのプレーを見せ続ける内田篤人選手。激しいながらも柔らかさをあわせ持つそのプレースタイルに、アディダス「パティーク11プロ」は最適なパートナーとなる。内田選手のように攻守にわたってチームに貢献したい中高生なら、一度は履いてみたいスパイクだと言えるだろう
 

■TOPICS:アディダス新コンセプト「the new football」

topics_adi.jpg
「すべてはアスリートのために」という理念の下、常に革新的なギアを開発してきたアディダスの打ち出した新たなコンセプトが「thenew football」だ。常に一歩先のフットボールを追求する同社の最先端イノベーションは、スパイクやユニフォームだけにとどまらない。その時代のフットボールの潮流を踏まえ、最新のテクノロジーをあらゆる分野に投入していく。日本を代表するトッププレーヤーから中高生まで、“今よりも強くなりたい”と思う全てのフットボーラ―のポテンシャルを引き出し、栄光に導きたい。そんな想いが込められた新コンセプトを打ち出すアディダスの最新ギアに今後も注目だ!
 
■問い合わせ先
アディダスコール:0120-810-654
http://www.adidas.com/jp/football
1

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(228件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 「蹴る」「止める」をコントロールできる日本発信世界基準スパイク

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「下手くそ」「センスない」コーチの暴言に耐えられない中1の息子を辞めさせていいのか問題
    2017年7月19日
  2. 自主練にも役立つ! 知っておきたいU-12世代のフィジカルトレーニング
     
  3. あなたの子どもはきちんと「ごはん」を食べてますか? 多くても、少なすぎてもダメなお米の栄養素と役割
    2017年7月20日
  4. 自分は楽しくプレーさせたいのに同じチームのコーチが厳しい! 指導法が違うギャップをどう埋めればよいのか
    2017年7月21日
  5. なぜ、全国経験のないサッカー部から毎年Jリーガーが輩出されるのか?
    2015年7月23日
  6. このままだと終わる! とコーチに言われ息子落ち込む問題
    2017年7月26日
  7. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  8. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  9. ミズノのジュニア向けスパイクをプレゼント!洗濯に関するアンケート
    2017年7月24日
  10. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日

一覧へ