1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【全少】発足4ヶ月・登録選手10人で全国に到達した沖縄の少数精鋭

サッカー豆知識

【全少】発足4ヶ月・登録選手10人で全国に到達した沖縄の少数精鋭

2014年8月 5日

キーワード:全日本少年サッカー大会

 8月4日、全日本少年サッカー大会、2日目。この日から1グループあたり4チームでのリーグ戦形式の一次ラウンドが始まりました。時折、大粒の雨も降り出す中、各都道府県代表48チーム(前年度優勝の茨城県からは2チーム)は、午前と午後に1試合ずつ試合をこなし、熱戦を繰り広げます。
 
 その大会2日目、登録人数わずか10人という少数精鋭のチームが、全国の舞台に立ち、強豪チームの猛者達に挑みました。そのチームは、沖縄県エスペランサFCです。
 
エスペランサ
 
 最も遠い沖縄から遠征してきたエスペランサは、発足わずか4ヶ月で全国出場を決めるという快挙を成し遂げたチーム。しかも、県予選を戦っている最中は、登録人数がさらに少ない9人で、控えは1人しかいない状況でした。これに関して、石井祐司監督は、「もともと能力が高い子達が他のチームから移籍してくれたりして、人数が少ないためにしっかりまとまることができた。この団結力と、それを活かしたポゼッションがうちの強みです」と、発足後わずかな期間で初出場を成し遂げた成功の秘訣を語ります。こうして団結力で全国行きの切符を手にしたエスペランサは、躍進を誓って静岡に乗り込みました。
 
エスペランサ
 
 しかし、全国の壁は、想像以上に高かったようです。初戦のサンフレッチェ戦では、序盤の10分でいきなり3失点を喫し、いきなり出鼻をくじかれます。その後、屋冨祖正也選手が体の大きさを活かしストッパーとしてプレーし、小柄な吉松秀隼選手は機動力を活かしカバーリングを遂行する守備が機能しはじめたのもあり、試合はやや落ち着きはじめます。そして、テクニシャンの屋冨祖悠斗選手が中盤でゲームを作りつつ、前線の友寄慈安選手も巧みなボールタッチや高いキック精度を披露し、得意のパスワークを垣間見せます。すると15分にその友安選手が意地の一点を決めますが、反撃もここまで。後半にさらに、2点決められたエスペランサは、5-1で敗戦。黒星で大会をスタートすることになりました。
 
石井監督
 
 この結果を受け、石井監督は、「すぐに切り替えて、全国という難しい舞台でも、ボールを大事にしながら自分達の判断でボールを動かせるということを次戦こそやって欲しい。その中で相手の個の力に上手く対応して、得点に結びつけたいです」と、第二戦への抱負を語り、次の戦いに臨み…
 
続きはスーパースポーツゼビオが提供するジュニアサッカーサイト「Junior Soccer United」で!
 
th_HK1_0196_600.jpg
1

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(228件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【全少】発足4ヶ月・登録選手10人で全国に到達した沖縄の少数精鋭

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. スペインで行われた大会で日本人の大西貫太郎君がMVPに選出!
    2017年6月26日
  2. 【速く走るための参考にしたい記事】ふくらはぎやアキレス腱の使い方をマスターしてスピードアップ!
     
  3. ボールを奪うための準備が課題の子どもたち 相手にボールが渡る前の動きをどう指導すればいい?
    2017年6月23日
  4. 新しいクラブで試合に出られない プレーが消極的な息子をどう支えたらいいの問題
    2017年6月22日
  5. しつもんが尋問になってない? 子供の考える力を促す「聞き方」のコツとは...
     
  6. 子どもたちに「気づかせる」ための6対3の練習メニュー
    2017年6月27日
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  9. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング
    2017年6月16日
  10. 「サッカーを教えていませんか? だから、うまくならないんです」川崎フロンターレ風間八宏監督に学ぶサッカー少年の育て方
    2016年6月14日

一覧へ