1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【全少】静岡県王者を勝ち取ったチームワークを育む練習とは

サッカー豆知識

【全少】静岡県王者を勝ち取ったチームワークを育む練習とは

2014年7月 7日

キーワード:全日本少年サッカー大会

トレーニングの終盤。選手たちはライン上に並ぶと、ホイッスルと同時に一斉にスタートを切りました――。いわゆる『シャトラン』です。第38回全日本少年サッカー大会の静岡県代表となったVivaceFCではこの練習を効果的に取り入れています。
 
VivaceFC
 
目標タイムを設定し、クリアを目指す。「他のチームより走ることはやっていると思います」と語るのは古杉仁志監督。この他、長距離走などのメニューを行うこともあるといいます。同監督は「様々な考えがあるし、小学生に“素走り”をやらせても意味がないという考え方もあると思います」と前置きした上で、持論をこう語ります。
 
「やはり練習で走れなければ、試合の中でも走れないと思うし、ボールも来ないと思うし、勝負にも勝てないと思うんです」。
 
古杉仁志監督
 
このメニューの狙いは他にもあります。むしろ、そちらの方が重要かもしれません。1本目は惜しくも失敗。選手たちから落胆の声が漏れます。すると、選手間で“作戦会議”を始めました。“議題”は目標タイム。「早過ぎない?」「遅くする?」「○×秒? それは遅すぎるよ」。目標タイムは選手たち自身が決定します。古杉監督はこの様子をじっと見守るのみ。子どもたちの意見に耳を傾けることはありますが、目標タイムを強要することはありません。選手全員のクリアが条件。当然、選手間で能力差があり、タイム差もありますが、だからこそ励まし合います。その経験がチームワークを育むのです。
 
結局、1本目と同じ目標タイムで2本目、3本目も失敗。すると、今度は「もっと等間隔に並ばないと走りにくいよ」「前半に飛ばしてタイムを稼ごう」「並ぶ順番を入れ替えよう」といった声が上がりました。それでも失敗が続くと…
 
続きはスーパースポーツゼビオが提供するジュニアサッカーサイト「Junior Soccer United」で!
 
練習風景練習風景
 
1

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(223件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【全少】静岡県王者を勝ち取ったチームワークを育む練習とは

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 勝つために上手い子を優先してしまう。上手くない子を上達させるにはどうしたらいい? [池上正コーチングゼミ]
    2017年4月20日
  2. 子どもの足を速くしたいなら必見!足が速くなる記事まとめ
     
  3. 9歳でなぜサッカーやめたいのか問題
    2017年4月19日
  4. 子どもの体を大きくするためにはマスト?牛乳について気になること
    2017年4月25日
  5. すぐ早く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の早く走る方法
    2013年6月13日
  6. 子どもを「勝たせたい」「うまくさせたい」よりも先に、大切にしてほしい"10の心得"
    2017年4月17日
  7. 子どもは失敗に敏感!うまくいっていない事には親が「無愛想」になって良いイメージを描かせよう
    2017年4月21日
  8. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  9. 【5/12盛岡開催】子育てのお悩みを解決する『ヒント』サカイク保護者向けセミナー
    2017年4月 3日
  10. すぐに、誰でも、簡単に! 速く走るために大切な3つのポイント
    2013年9月18日

一覧へ