1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 日本代表召集からチーム合宿合流まで 選手たちの最大の敵は?

サッカー豆知識

日本代表召集からチーム合宿合流まで 選手たちの最大の敵は?

2013年11月15日

キーワード:日本代表

16日にオランダ戦、その後は19日にベルギー戦。日本代表、11月の欧州遠征シリーズが始まります。果たしてザックジャパンはブラジルワールドカップに向けて、内容と結果を残すことができるのでしょうか?
 
MKP_8224_600.jpg
 
日本代表が良いパフォーマンスを発揮するために、一つのキーワードになるのが『コンディション』です。普段から所属クラブでハードなトレーニングを積んでいる選手たちは、
代表戦の前後も、試合のスケジュールがびっしりと組まれています。このような厳しいスケジュールの中で、コンディションを保つことも、今日のサッカー選手の条件と言えます。選手たちはどのように代表チームに集まり、試合をこなしているのでしょうか。
 
 

■Jの試合を終えた翌日には欧州に向けて出発した国内組

まず、各国サッカー協会は、代表戦が行われる試合日の2週間前までに、呼びたい選手が所属する各クラブに『招集レター』を送って通知しなければいけません。それに対し、クラブ側はその試合が国際Aマッチデーに行われる場合、年間7試合までは選手を無条件に送り出さなければならないとFIFAの規則で定められています。さらにその代表戦がワールドカップ予選などの公式戦の場合は、試合日の4~5日前までに、親善試合の場合には2日前(48時間前)までに、選手をクラブのスケジュールから解放しなければならないというルールになっています。
 
選手はこのようにしてクラブと代表の間を行き来するわけですが、日本代表の場合に難しいのは、国内組と海外組の選手がそれぞれ地球の反対側に暮らしているチームであることです。今回に関しては国内組が10人、海外組が13人という編成です。時差があり、移動距離も大きく異なるため、招集されてきた選手についてザッケローニ監督が「コンディションにバラつきがある」とこぼすことも少なくありません。
 
たとえば今回の場合、試合が欧州のベルギーで行われるため、国内組のコンディション管理が難しくなります。10日(日)のJ1&J2の試合が終了後、招集された選手はすぐに成田空港に集まり、翌日11日には欧州に向けて出発します。そしてベルギーの首都ブリュッセルに到着するまで15時間。さらにそこからチーム専用バスに乗り換え、試合が行われる都市ゲンクへ移動し、練習は12日からスタートします。
 
本来ならば、試合翌日は回復トレーニングでサッと汗を流し、12日はオフを取ってリフレッシュするところですが、代表選手に休息はありません。
 
とはいえ今回の場合、試合が16日なので4日間の余裕があり、オランダ戦には良いコンディションで挑むことができそうですが、より負担が大きくなるのは代表解散後のJリーグの試合です。19日のベルギー戦後、国内組は20日に出国し、日本に到着するころにはすでに21日(木)。J1の試合は23日(土)に組まれているため、優勝をねらうサンフレッチェ広島の西川周作選手、鹿島アントラーズの大迫勇也選手、セレッソ大阪の柿谷曜一朗選手、山口螢選手らは休む暇なく、クラブの試合に挑むことになります。
 
MKP_9232_600.jpg
 

■海外組にはコンディションを調整しやすい欧州遠征

一方、欧州クラブに所属する海外組の選手にとっては、ベルギーへの移動はチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグのアウェー戦に行く程度のこと。たとえばマンチェスター・ユナイテッドの香川真司選手は10日(日)にアーセナルとの大一番を戦いましたが、翌11日にはすぐに飛行機で移動。ゲンク近隣の空港から、同じく10日に試合を終えた酒井高徳選手と共に、リムジンでそのままチームの宿泊ホテルへ移動しました。
 
11日を丸々、飛行機移動に費やした国内組に比べると、海外組は11日のうちに移動して回復トレーニングを済ませ、よりコンディションを整えた状態でチームに加わります。そして2試合を戦った後も、ベルギー戦翌日の20日中にはクラブに合流することができ、週末23~24日のリーグ戦に臨むことができます。
 
このようにして生まれる、国内組と海外組のコンディションの差。一方、8月のウルグアイ戦や、9月のグアテマラ戦&ガーナ戦のように試合が日本国内で行われる場合は、上記と全く反対のことが起こります。この場合は、海外組の体が悲鳴を上げます。
 
さらに代表戦はクラブのリーグ戦を終えた直後であるため、選手たちは試合で負ったケガを引きずってチームにやって来ます。プレーが不可能である場合には招集辞退となりますが、軽傷の場合はチームに合流しながら回復を待つことになります。つまり、今回はオランダ戦の前に4日間の練習日があるものの、本田選手や香川選手が別メニューで調整するなど、思うようにチーム練習が組めないことも多々起こるのです。
 
「前の試合から何も変わってないじゃないか!」と怒る人もいるかもしれませんが、現在のサッカー界のスケジュールにおいて、代表チームの着実なレベルアップは容易ではありません。「メンバーがいつも同じじゃないか?」と思う人もいるかもしれませんが、実質的に一緒にトレーニングや試合をできる期間が非常に限られるため、一度呼んで、試しただけではなんとも評価し切れないのも事実です。
 
忙しすぎる日本代表選手たち。体が悲鳴を上げつつも、限られた時間の中で彼らがいかに成長を果たしていくのか。私たちはしっかりと見守りたいものです。
 
清水英斗(しみず・ひでと)//
フリーのサッカークリエイター。ドイツやオランダ、スペインなどでの取材活動豊富でライターのほか、ラジオパーソナリティー、サッカー指導、イベントプロデュース・運営も手がける。プレーヤー目線で試合を切り取ることを得意とし、著書は、『あなたのサッカー「観戦力」がグンと高まる本』『イタリアに学ぶ ストライカー練習メニュー100 』『サッカー観戦力が高まる~試合が100倍面白くなる100の視点』『サッカー守備DF&GK練習メニュー100』『サイドアタッカー』 『セットプレー戦術120』など多数。
●twitterID:@kaizokuhide
 

 

1
文/清水英斗 写真/松岡健三郎

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(223件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 日本代表召集からチーム合宿合流まで 選手たちの最大の敵は?

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 押し出すインサイドキックはNG?長い距離でも減速しない正確で速いパスの蹴り方
    2016年11月28日
  2. 『リスペクト宣言』って知ってる⁉ 公式戦で大声や怒声を響かせるのは、もう止めよう
    2016年11月30日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 中澤佑二選手に聞く、周りに差をつけた食事へのこだわりとは?
    2016年11月29日
  5. 意外と知らない!メッシやクリロナのように速くドリブルをする3つのコツ
    2016年11月25日
  6. みんなドン引き。怒鳴るコーチどうするんだ問題
    2016年11月24日
  7. サッカー少年を伸ばす親はなにが優れているのかがわかる記事7選
     
  8. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  9. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  10. サッカーパパ・ママ必見!子どもの"積極性"を育むバディ流子育て7のコツ
    2016年12月 2日

一覧へ