1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 決勝で6ゴール。高い攻撃力を誇るFCトッカーノが初優勝【バーモントカップ大会レポート2/2】

サッカー豆知識

決勝で6ゴール。高い攻撃力を誇るFCトッカーノが初優勝【バーモントカップ大会レポート2/2】

2012年1月11日

キーワード:フットサル

 1月4日~6日、東京の駒沢体育館・屋内球技場で行われた「バーモントカップ第21回全日本少年フットサル大会」。その熱戦のレポート後編をお届けします。
 
大会レポート前編から読む>>
 
vermont01.JPG
↑優勝した東京都代表FCトッカーノ。代表のJ2北九州三浦泰年監督も駆けつけました。
 

■得点力高いストライカーを軸に戦い、大会を制したFCトッカーノ

 そのベガルタ仙台ジュニアを決勝で下したのは、東京都代表のFCトッカーノでした。FCトッカーノは1次ラウンドから準決勝まで全て3得点以上で勝利し、高い攻撃力を見せていました。準決勝群馬県代表ファナティコス戦も接戦となりましたが、自慢の攻撃力で3-2と勝利し、決勝へと勝ち上がってきました。最前線の堀脩大(しゅうと)選手はその名の通りシュート精度がとても高く、身長164cmと体格にも恵まれていて、堀選手の得点力を生かした好チームでした。
 
 決勝は前半、どちらのチームも慎重に試合を運び、0-0のスコアレスで後半に入りました。ゲームが動いたのは後半。13分にベガルタ仙台ジュニアのキャプテン郷家選手が先制ゴールを決めました。しかし、堀選手が「チャンスが必ず来ると思っていました」と語った通り、攻撃力に自信を持つFCトッカーノは落ち着いていました。ベガルタ仙台ジュニア陣内に積極的に攻め込み17分、19分と堀選手が連続ゴールを決めて逆転。その後はベガルタ仙台ジュニアの守備の集中力が切れて、試合終了までに4ゴールが決まり、6-1で高い攻撃力を誇るFCトッカーノが勝利しました。
 
vermont09.JPG
↑決勝で大量6得点を挙げて喜ぶ東京都代表FCトッカーノの選手達。
 
 FCトッカーノはJ2ギラヴァンツ北九州の三浦泰年監督が代表を務めるチームです。大嶋康二監督が「三浦代表は技術だけではなくハートも大事にします。ドリブルもパスもそれをいつ使うと有効かを彼ら自身で判断できるように指導しています」と語る通り、現在は北九州で指揮を執る三浦さんの意志を引き継ぎ、個の技術のレベルアップとハートの強い選手の育成に取り組んでいます。「お互い良い試合をしようとしていたと思いますが、決勝戦はそんなに簡単ではありませんでした。この大会のテーマだった『普段通りできるかどうか』だけを基準に見ていたので、それをちゃんとやり続けてくれたからこういう結果になったと思います」と決勝を振り返り、普段通り平常心で戦えた選手達を讃えました。
 
vermont10.JPG
↑FCトッカーノ堀脩大選手は、高い得点能力を見せベストプレーヤーに選出。
 
 大会ベストプレーヤーに選出された堀選手は「決勝は流れにのって点が取れました。初の全国優勝ですごく嬉しかったです」と優勝を喜びました。今年4月からはFC東京U-15深川への加入も決まっており、「世界で活躍できるメッシのような選手になりたいです」と大きな夢を語ってくれました。
 
 様々なドラマがあった3日間。参加した選手の皆さん全てが、今後もサッカー・フットサルに楽しく取り組み、将来のサッカー日本代表やなでしこジャパン、そしてフットサル日本代表目指して、今後の練習に励んでくれることを願っています。
 
vermont11.JPG
↑優勝を決めて喜ぶFCトッカーノの選手達。
 
vermont12.JPG
↑ベストプレーヤーに選出された10名の選手。
 
【大会結果】
優勝:東京都代表 FCトッカーノ
準優勝:宮城県代表 ベガルタ仙台ジュニア
3位:茨城県代表 鹿島アントラーズジュニア
3位:群馬県代表 ファナティコス
ベストプレーヤー賞:
北海道代表 SSS札幌サッカースクール 田古直也
宮城県代表 ベガルタ仙台ジュニア 郷家友太
宮城県代表 ベガルタ仙台ジュニア 荒井秀賀
茨城県代表 鹿島アントラーズジュニア 山本瑞樹
栃木県代表 エスペランサモオカ 齋藤雅之
群馬県代表 ファナティコス 奥抜侃志
東京都代表 FCトッカーノ 堀脩大
山梨県代表 ASコーフフットサルクラブ 塚田裕介
静岡県代表 SJFSC・ピヴォ 酒井駿吾
京都府代表 京都長岡京SS 梅津凌岳
なでしこ賞:
岩手県代表 ジュニア・アントス・フットボールクラブ 湯沢小春
フェアプレー賞:
東京都代表 FCトッカーノ
 
 
バーモントカップ全日本少年フットサル大会//
小学生年代におけるフットサルの日本一クラブを決める日本サッカー協会主催の全国大会。毎年秋から年末にかけて各地で予選が行われ、決勝大会は翌年の1月に駒沢体育館で開かれる。ハウス食品が協賛しており、バーモントカップと呼ばれている。
過去、第1回大会には、小野伸二(清水)、第9回大会には金崎夢生(名古屋)など、多くのJリーガーも出場している。
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
サッカーとフットサルにおける技術の『違い』とは?
 
1
取材・文・写真/小林健志

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(228件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 決勝で6ゴール。高い攻撃力を誇るFCトッカーノが初優勝【バーモントカップ大会レポート2/2】

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ