1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【第2回】ゴールに鍵をかける国 イタリアの守備に対する考え方とは?-「育成年代における守備」

サッカー豆知識

【第2回】ゴールに鍵をかける国 イタリアの守備に対する考え方とは?-「育成年代における守備」

2010年12月26日

キーワード:イタリアディフェンス守備海外サッカー

なぜ、イタリアの守備は強いのか? その疑問に答えてくれるのが、ペルージャやミランのスクールでの指導経験を持つ、フィジカルコーチの井田征次郎氏です。2回目の今回は『イタリア人の育成年代における守備の考え方』について、話を聞きました。

■イタリア人の育成年代における守備の考え方

写真/Enrico Calderoni/AFLO SPORT
000216.jpg80年代から90年代に活躍したフランコ・バレージ(写真中央/背番号6の選手)のように、イタリアからは守備のスペシャリストが多く誕生します。また、組織立った守備を持ち味とするチームも少なくありません。イタリア人選手の多くが、育成年代の内から守備を叩き込まれているのでしょうか? 井田氏に尋ねると、こう答えてくれました。

「イタリア人は守備を重視しますが、育成年代で守備を徹底的に教え込むかというと、決してそうではありません。イタリアの場合、年齢によって人数やグラウンドの広さが変わるんですね。6~8歳は5人制、9歳は6人制です。10歳は7人制、11歳は9人制。そして12歳でようやく11人制のサッカーが始まります。5人制や6人制の場合、人数が少ないので、より『個人対個人』の局面が多くなります。そこでは『1対1で負けないこと』が重要視されます」(井田氏)

1対1の局面=個人と個人のぶつかり合いです。イタリア人の『負けず嫌い』には第1回でも触れましたが、井田さんは何度もその姿を目の当たりにしたそうです。

「選手たちには練習の時から『1対1のときは激しく行こう』と伝えます。というか、伝えなくても彼らは十分激しいんです(笑)。イタリア人が生まれ持ったメンタリティなのか、彼らは負けず嫌いなので、ときにはボールの奪い合いで相手をつかんだり、投げ合いになることもあります。もちろんそれはファウルなのですが、練習中は『やめろ』と注意する場面は少ないですね。それよりも、『だまって簡単に抜かれるな』という意識の方が強いんです。それは選手たちもわかっているので、少しつかんだぐらいではケンカになりません。私が見ていた、ミランの育成部の選手たちはかなり激しくやり合っていましたね」(同氏)

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(223件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【第2回】ゴールに鍵をかける国 イタリアの守備に対する考え方とは?-「育成年代における守備」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「厳しいサッカーよりも楽しいサッカーをしてもらいたい」徳永悠平のサッカー少年の育て方
    2017年1月10日
  2. 本来の力が発揮できなくなるかも?"ポジティブシンキングの罠"に注意
    2017年1月12日
  3. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  4. JリーグMVP中村憲剛がサッカー少年に伝えたい、うまくなるための「考え方」とは
    2017年1月17日
  5. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  6. 「自分の内側からやりたいと思えることを続けてほしい」FC東京・徳永悠平の父親論
    2017年1月11日
  7. 父は思春期とどう向き合えばよろしいか問題
    2017年1月16日
  8. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  9. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  10. ケンタッキーフライドチキンカップ(埼玉)参加チーム募集
    2017年1月17日

一覧へ