1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 元浦和レッズ・鈴木啓太が語る、サッカーの技術以外に「選手として伸びるために必要なこと」

インタビュー

元浦和レッズ・鈴木啓太が語る、サッカーの技術以外に「選手として伸びるために必要なこと」

2017年6月30日

キーワード:サポート両親浦和レッズ考える力鈴木啓太

現役時代は浦和レッズ一筋でプレーし、引退後はビジネス面での活躍に加えて、大学サッカー部の指導も行う鈴木啓太さん。子どもの頃、両親はプロになるためにどのようなサポートをしてくれたのでしょうか。引退試合を目前に控え、精悍さを増す鈴木さんに語ってもらいました。(取材・文:鈴木智之)
 
suzuki_keita1_01.jpg
(現在は引退試合のためにトレーニングを積んでいるという鈴木啓太さん)
 

■試合観戦のため、平日は遅くまで働いていた父

――プロをめざす少年時代、両親はどのようなサポートをしてくれましたか?
 
「両親は毎週試合を見に来たりと、熱心な方だったと思います。もちろん口は出さないのですが、環境面でのサポートはしてくれました。父は土日に時間を作るために、平日は夜遅くまで仕事をしていたそうです。当時の僕は、『お父さんは週末にしっかり休みがあるんだな』としか思っていなかったのですが(笑)」
 
――送迎などもやってくれたのですか?
 
「かなりやってくれました。静岡県内だけでなく、チームメイトを乗せて、県外の遠征の送迎もしてくれました。平日は夕方から少年団の練習があって、その後に清水FC(選抜チーム)の練習があるのですが、少年団の練習が終わる頃に迎えに来てくれて、そこから車で20~30分ほどかけて、練習場に連れて行ってもらっていましたね」
 
――毎日サッカーをしていると、食事はすごく大切になると思いますが、食事面のサポートはどうでしたか?
 
「清水FCの練習がある日は、少年団の練習が終わって、母が持ってきてくれたおにぎりを車内で食べて移動。練習後に家に帰り、ちゃんとした夜ご飯を食べていました。家族の中で僕だけ一品多かったり、魚料理メインのときに僕のお皿にだけお肉が乗っていたんですよ。だから、姉は『なんで啓太だけ特別扱いなの』と(笑)。当時、母は僕のサッカーに付き添う時間が長かったので、姉には悪いことをしたなと思います。ただ、大人になってから話をすると『最初は寂しかったけど、途中から応援する気持ちになっていたから大丈夫だよ』と言われたときは、救われた気持ちになりましたね」
 

■「考えてサッカーする」部分で物足りない

――子どもの頃は、身体は大きい方でしたか?
 
「小さかったです。白くておかっぱ頭で……。いまとは全然違いますよね(笑)。学生時代は体が細くかったので、肉、魚、フルーツなどバランスよく、品目を多く食べることを心がけて、プロテインを飲んだりしていました。母親が健康志向だったので、家に海苔や納豆や梅干し、ちりめんなどがおやつして置いてあったんです。いつでも食べられるようにって」
 
――サッカー面で両親からアドバイスされることはありましたか?
 
「父親はサッカーをしていたのですが『左足が蹴れるようになれ』とか『周りを見たほうがいい』というぐらいで、ほとんど何も言われなかったですね。僕が『一緒に練習に行こう』と言わない限り、自分からやろうとも言わない。自主性を持たせたかったのかもしれません」
 
――サッカーは自分で考えて行動するスポーツですからね。プロになる上で、自主性は大切だと思いますか?
 
「間違いなく大切です。なかでも僕は『考える力』が大事だと思います。いま、明治大学サッカー部を週に2回指導しているのですが、みんな技術的にはすごく高いものを持っています。一方で『考えてサッカーをする』部分では物足りなさを感じてしまうというか、頭の中のトレーニングをすることが重要で、そうするともっと伸びていくと思います」
 
次ページ:ボールを持っていない時の動き、頭のトレーニングが大事

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1  2
文:鈴木智之

関連記事

関連記事一覧へ

インタビューコンテンツ一覧へ(143件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 元浦和レッズ・鈴木啓太が語る、サッカーの技術以外に「選手として伸びるために必要なこと」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  2. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  3. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  4. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  5. 【10月関東開催!】試合中の一歩目が速くなる!『タニラダー講習会』
    2017年9月14日
  6. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日
  7. 子どもが「ゴールキーパーを辞めたい」と言い出す前に!インナーパットで衝撃から身を守ろう
    2017年9月15日
  8. 誰もが心の中に持つ「やさしさ」を引き出す「魔法の声かけ」とは?
    2017年9月13日
  9. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  10. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日

一覧へ