1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 「お母さんはいつもぼくたちの味方になってくれた」日本代表MF清武弘嗣の少年時代

インタビュー

「お母さんはいつもぼくたちの味方になってくれた」日本代表MF清武弘嗣の少年時代

2016年6月23日

前回は厳しかった父親とのエピソードを語ってくれた清武選手。後編となる今回は、兄弟や母とのエピソードや小食として知られる彼の食事の考えかたなどについて話してもらいました。(取材・文 前田陽子 写真 波多野友子)
 
kiyotake1_s.jpg
 
<<「ぼくは殴られたことにも感謝している。そこに愛情を感じていたから」日本代表MF清武弘嗣、父との絆
 

■外国の人はみんな自分の国のことを知っている

― 小学生のころは、どんな子どもでしたか?
 
「サッカーしかしていなかったですね。他になにをしていたかは覚えていないです(笑)。小学生のころは、ランドセルとサッカーバッグを一緒に背負って、サッカーボールを蹴りながら登校していました。得意科目はもちろん体育。国語などは苦手でした。すごく勉強をしたということはないですけど、人並みには勉強していましたよ。帰宅してからは宿題もきちんとやっていました。通知表がわるいとサッカーができなくなるというようなことはなかったですが、そこはきちんとやっていました」
 
― 海外でプレーするようになって、やっておけばよかったと思う教科はありますか?
 
「びっくりしたのですが、外国の人ってみんな自分の国のことをよく知っているんですよね。ハノーファーのチームでは食事の前に必ずクイズ大会がありました。この前のお題はフランクフルトから羽田空港まで、どれくらいの距離があるか、というもの。『日本人なんだから、当然知っているよな』という顔で聞かれるわけですが、ぼくと宏樹(酒井選手)は知らなくて。結局、ぼくらのいたグループがビリになりました(笑)。人口や地理の問題もよく出るし、歴史がチームメイトとの話のきっかけになったりもします。サッカーでも仕事でも、将来、海外で挑戦したいという気持ちがあるなら、社会科は役立つので勉強しておきましょう。もちろん語学も。コミュニケーションをするうえで基本になりますから」
 
kiyotake2_s.jpg
 

■父親同様に厳しい母。兄弟の仲のよさは、いまも変わらない

― お母さんはどんな人でしたか?
 
「お母さんはいつもぼくたちの味方になってくれました。けど、甘やかすわけではなくて、親父同様、とても厳しかったです。ぼくが中学くらいのときに親父が単身赴任で東京に行ったんですけど、それからお母さんは厳しくなりました。お父さんの変わりをしなくちゃいけないと、気合いが入ったんじゃないかと思います(笑)。
 
サッカーのことはなにも言いませんでしたが、私生活のことでぼくも弟も相当怒られました。ぼくは周りに流されやすいタイプで、夜遊びに行くというのではないですが、高校生のころはひょいひょいだれにでも付いていってしまうことがあって…。門限が19時に決められていました。その当時は窮屈だと感じていましたが、いま思い返すと必要だったと思います」
 
― 兄弟3人はケンカをしましたか?
 
「男3人は最高ですね。一緒にサッカーをして、お互いに高め合ってきたと思います。もちろんケンカもしましたけど、すごく仲がよかった。ぼくたちが小学生のころに住んでいたのは、リビングに台所と小さい部屋のある狭い家。ぼくたちの部屋はなくて、全員で川の字で寝ていました。兄弟のだれかが親父に怒られて号泣すると、残りの二人と一緒に小さい部屋に集まって慰め合う。懐かしい。いい思い出です。
 
いまは親父も含めて4人で年に2回はゴルフに行きます。その時間はめっちゃ楽しいです。男兄弟でよかったと実感します」
 
次ページ:食べろ食べろと言われたけど、食べられなかった

清武選手の盟友・香川真司選手がサッカー少年・少女に送る3つの動画コンテンツ『SHINJI HOUSE』はこちら>>
16_RCO_2511.jpg
 
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

 
1  2
(取材・文 前田陽子 写真 波多野友子)

インタビューコンテンツ一覧へ(139件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 「お母さんはいつもぼくたちの味方になってくれた」日本代表MF清武弘嗣の少年時代

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  3. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  4. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 「褒める」も「叱る」も大事! 子どもの状態に応じて使い分けることが自立のサポートになる
    2017年8月 8日
  7. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  8. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  9. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ