1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 「息子のサッカーのプレーについてはコーチにお任せする」元日本代表FW・北嶋秀朗の父親論

インタビュー

「息子のサッカーのプレーについてはコーチにお任せする」元日本代表FW・北嶋秀朗の父親論

2015年12月29日

キーワード:ロアッソ熊本北嶋英朗子育て父親

高校時代は市立船橋高校のエースとして、全国高校サッカー選手権大会に3年連続で出場。高1、3年時には優勝を果たすなど、輝かしい成績を残した北嶋秀朗さん。高校卒業後に柏レイソルに加入し、エースとして活躍されました。清水エスパルス、ロアッソ熊本でプレーした後、現役を引退し、昨年からロアッソ熊本でコーチを務めています。高校サッカーのスターになり、プロ入りする。これは多くのサッカー少年が憧れとして描く、夢のキャリアです。プロになる夢を叶えた北嶋さんは、現在4人の子どもを育てる父親でもあります。はたして、北嶋流の子育てとはどのようなものでしょうか? 前編ではサッカークラブのコーチと子どもの接し方について、北嶋さんの考えを話してもらいました。(取材・文・写真 鈴木智之)
 
IMG_2080_s.jpg
 

■聞くことといえば「楽しかった? 楽しくなかった?」くらい

――以前、サカイクではジュニア年代のお話を聞かせて頂きましたが、今回は“父親”という立場で色々聞かせていただければと思います。
 
よろしくお願いします。ちょうど、一番上の子どもがサッカークラブに入っているので、サカイク読者のみなさんと同じ立場だと思います。
 
――いま、お子さんは何人いらっしゃいますか?
 
4人います。一番上が小学校6年生、2番目が小学3年生。3番目が幼稚園の年長、一番下が今年生まれたばかりです。上の2人が男の子、下の2人が女の子です。
 
――男の子2人はサッカーをやっているんですか?
 
はい。いまは熊本のクラブチームでやっています。上の子も下の子も幼稚園からサッカーを始めて、当時は柏レイソルのスクールに通っていました。
 
――子どもたちの練習を見に行くことはありますか?
 
一番上の子が幼稚園や小学校低学年の頃は、よく見に行っていました。当時はまだ小さかったので、どれだけ楽しそうにサッカーをしているかを見て、プレーについてああだこうだ言うことは一切なかったですね。サッカーが終わって「楽しかった? 楽しくなかった?」と聞くぐらいで「何点取った?」などは聞かず、楽しかった話しかしなかったです。あのドリブルすごかったね、あのシュートすごかったねと、良かったことについて話をすると、子どもはうれしそうな顔をするんです(笑)
 
 

■父・北嶋秀朗の言うことよりも、普段教えてもらっているコーチの言うことが絶対!

――お子さんのプレーをビデオに撮って、家で見返すことはありますか?
 
妻が試合の映像を撮影してくれるので、家に帰って子どもと一緒に見ることはあります。プレーを見ながら「このときは、ここにポジションをとったほうがよかったかもね」とアドバイスをすることはありますがそのときに必ず「ただ、俺はそう思うけど、普段教えてもらっているコーチが言うことが絶対だからね」と念を押しています。そこはコーチと親の関係として、一線を越えないようにしています。
 
――どうして、線を引こうと思ったんですか?
 
子どもをコーチに預けて任せている立場ですからね。もし、ぼくから見てコーチの指導内容があまり良くないと思ったならば、チームを変えればいいわけです。大前提として、コーチのやり方や考え方をリスペクトしています。それに、もし自分の子どもが、うまくプレーできないことをコーチのせいにすることがあれば、ものすごく叱ると思います。いまは、そういうことは言ってこないですけどね(笑)
 
次ページ:人のせいにせず、つねに自分に矢印を向けるようにしなさい
 

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1  2
取材・文・写真 鈴木智之

関連記事

関連記事一覧へ

インタビューコンテンツ一覧へ(139件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 「息子のサッカーのプレーについてはコーチにお任せする」元日本代表FW・北嶋秀朗の父親論

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  3. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  4. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 「褒める」も「叱る」も大事! 子どもの状態に応じて使い分けることが自立のサポートになる
    2017年8月 8日
  7. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  8. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  9. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ