1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 選手それぞれがサッカーに対する哲学を持っているスペイン

インタビュー

選手それぞれがサッカーに対する哲学を持っているスペイン

2014年7月17日

キーワード:コミュニケーションスペイン知のサッカー

年代別の日本代表で活躍し、パラグアイ、メキシコ、スペイン、ギリシャ、香港のリーグでプレー経験を持つ、国際派ストライカー・福田健二選手。
 
スペイン・バルセロナに拠点を置き、日本を始め世界中のサッカー選手・指導者のコンサルティングを行うサッカーサービス。今回は特別企画として『スペインサッカー』という共通項を持つ福田健二選手とサッカーサービスのポールコーチの対談が実現! 日本とスペイン、両方の視点から浮かび上がる、日本サッカーの現状とは? 全3回シリーズでお届けします。
(取材・文/鈴木智之)
 
福田健二選手とポール氏
 
――福田さんはスペインのカステジョン、ヌマンシア、ラス・パルマスの3チームでプレーした経験をお持ちですが、スペインサッカーの特徴はどのようなものだと感じていますか?
 

■「俺はこう思う」と自分の考えをしっかりと述べられる

福田:スペインというとパスサッカーの印象が強いですが、地域によってスタイルは違います。バルセロナには、FCバルセロナを中心とした細かくパスをつなぐスタイルがありますし、バスク地方では、多くのクラブがロングボール主体のサッカーをしていました。アンダルシア地方では、個人に比重を置いたプレーが主体でした。
僕がヌマンシアでプレーしていたときは、アンドニ・ゴイコチェアというバスク人が監督をしていたのですが、固い守備をベースにロングボールを使って攻めて行くサッカーでした。次にプレーしたラス・パルマスは、個人技を最大限活かしたサッカーをしていました。
 
ポール:福田さんが言うとおり、スペインは地域によってサッカースタイルが異なります。最近は集団戦術を採用するチームが増えてきましたが、戦術的で近代的なサッカーに取り組んでいる監督と、そうでない監督もいます。
選手は様々なスタイルを経験するため、プロになったときに、チーム内で意見の違いが出たり、衝突することはよくあります。
 
福田:たしかにそうかもしれません。僕がスペインに行って感じたのは、選手それぞれがサッカーに対する哲学を持っていて「俺はこう思う」と自分の考えをしっかりと述べられること。
もちろん、監督の目指すサッカーについては最大限リスペクトしていますが、自分のプレースタイルはこうで、こういうプレーがしたいと、チームメイトや監督にはっきり言います。選手個々が独立した存在で、自立しているなと感じました。
 
ポール:スペインでは、選手が監督に対して、「自分はこう思う」と積極的に意見を述べる文化があります。日本でも、我々サッカーサービスがやっているスクールでは、子どもたちに日々、質問をしています。
子どもたちは自分の考えを最初から持っているわけではないので、なかなか答えが返ってくることはありません。しかし、質問に対して考え、答える経験を繰り返すことで、自分の考えが熟成されていき、意見を言うことができるようになっていきます。
 

■会話をすることで、自分を知ってもらうことが大事

福田:日本の場合、選手同士であったり、選手と監督がサッカーに対して深く話をする機会は、あまりなかった気がします。僕がスペインにいたときは、どのチームに行っても移動のバスの中では、サッカーのことやプライベートのことなど、とにかく話をしていました。
スペインの場合、チームメイトと会話をすることで、自分はこういう人間で、こういう考え方なんだと知ってもらうことが大事なんですよね。
 
spain.jpg

2012 European Match Day Against Hunger / EU Humanitarian Aid and Civil Protection

ポール:そう思います。

福田:僕自身、日本にいる時は、監督の言うことをそのまま聞くタイプではありませんでした。自分の中でサッカーに対する考えがあったので、監督ともっと話をしたかったというのが、正直なところです。
その後、パラグアイやスペインに移籍して、自分の考えを監督やチームメイトに言ったときに、相手からは反応が返ってきますよね。そのコミュニケーションがすごく良かったというか、監督と話をすることで、チームでの居心地も良くなったんですよね。
そのときに、自分が求めていたのはこれなんだと思いました。
 

1  2
取材・文/鈴木智之、写真/サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

インタビューコンテンツ一覧へ(139件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 選手それぞれがサッカーに対する哲学を持っているスペイン

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ