1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 松田直樹選手(松本山雅FC)がサッカーキッズたちに遺したもの

インタビュー

松田直樹選手(松本山雅FC)がサッカーキッズたちに遺したもの

2011年8月19日

8月4日・13時6分。34歳の若さで松本山雅FCのDF松田直樹選手がお亡くなりになりました。ここに謹んで故人のご冥福をお祈りすると共に、私が松田選手との取材機会で得た彼がサッカーキッズたちに残したものを、この場をお借りして伝えたいと思います。

■目を輝かせて語った「子どものころ」

2011.8.19-2.jpg

「今回は横浜・F・マリノスの松田直樹選手へ少年時代を振り返るインタビューをお願いします」。

2006年冬、あるサッカー雑誌編集者から依頼を頂いた瞬間に私はいつにない嬉しさを覚えました。当時の松田選手は同年のドイツW杯出場こそ逃したものの、1対1の強さばかりでなく、パスの精度、視野の広さ、すべてにおいて誰もが認める日本、いやアジアを代表するセンターバック。そんな選手にインタビューをできるなんて光栄なことだったからです。

その一方で不安もありました。敵を寄せ付けない闘志を表に出したプレーが身上である松田選手。もし、そんな感情がインタビュー中に湧き出してきたら...。私はまるで、はじめて彼と対戦するFWのように緊張しながら、やや背中を丸めて、当時、東戸塚にあった横浜FMのクラブハウスへと向かいました。

でも、インタビューでの松田選手は終始、笑顔でした。自らの少年時代を、キッズたちにもわかるように、しかも「小学校時代のリフティングは最高18回」など、ユーモアも交えつつ目を輝かせて語る様は、正に「サッカー小僧」がそのまま大人になったという感じ。今回、選手、関係者の誰もが語っている「本当にサッカーが好きな男」という一端に接し、インタビューするこちらも自然に笑顔になっていきました。

ただ、そんな中でも松田選手がしきりに口にしていたのは「サッカーが好きだからこそ、負けたくなかった」という言葉でした。それまで数々の試合を闘ってきた彼ならではの、ほとばしるような熱い想い。それは「サッカーを好きになれば教えられたことへの吸収率も違う」と話したサッカーキッズたち、さらに3人の子供たちの父親としてのメッセージをも伴ったものでした。

1  2

インタビューコンテンツ一覧へ(139件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 松田直樹選手(松本山雅FC)がサッカーキッズたちに遺したもの

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  3. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  4. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 「褒める」も「叱る」も大事! 子どもの状態に応じて使い分けることが自立のサポートになる
    2017年8月 8日
  7. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  8. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  9. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ