1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 長友佑都(インテル)By NIKE FC PLAYRES' FORUMレポート

インタビュー

長友佑都(インテル)By NIKE FC PLAYRES' FORUMレポート

2011年6月26日

日本代表、インテル(イタリア)で活躍する長友佑都選手。いまや国民的な人気を誇る彼が、ナイキ原宿で行われたイベント『NIKE FC PLAYRES' FORUM』に参加し、プロを目指す子供たちを前に「夢を持つこと、努力をすることの大切さ」について、話をしてくれました。ここでは、トークショーの一部をリポートとして、お届けします。

11-06-26-01.jpg

■「自分の中に能力は眠っていると思っているので、それを甦らせることが大事」

南アフリカW杯からの1年は、10年分ぐらいの経験をしたように感じています。それぐらい長かったです。W杯があって、チェゼーナ(イタリア)に移籍して、アジアカップで優勝して、インテルに移籍しました。シーズンの最後はコパ・イタリアで優勝することができて、すごい経験ができました。

これもすべて、日々の積み重ねです。毎日の生活、すべてが僕を成長させてくれました。僕は苦しい時ほどチャンスだと思っています。それを乗り越えたら、成長した自分が待っている。そう信じて、なりたい自分を描いて、苦しさを乗り越えます。

中高時代はサッカーがヘタクソだったので、走ってばかりでした(苦笑)。最初はスタミナもスピードもなかったです。ただ、自分の中に能力は眠っていると思っているので、それを甦らせることが大事だと思います。誰にでも、能力はあると思う。それはテクニックだったりパスだったり......。いい部分が、必ずあると思います。

■「強くなって、走れるようになったら活躍できる」

スピード、運動量、技術など、長所を伸ばすことが、上のレベルに行くために必要なことだと思います。短所を克服するというよりは、長所が伸ばすことによって、短所の部分が後からついてくると思います。僕は中学時代、長所がありませんでした。身長も伸びなかったですし。だから、とりあえず強くなろうと思いました。強くなって、走れるようになったら活躍できるのではないか考えて、トレーニングをするようになりました。

1  2

インタビューコンテンツ一覧へ(130件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 長友佑都(インテル)By NIKE FC PLAYRES' FORUMレポート

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「厳しいサッカーよりも楽しいサッカーをしてもらいたい」徳永悠平のサッカー少年の育て方
    2017年1月10日
  2. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  3. 本来の力が発揮できなくなるかも?"ポジティブシンキングの罠"に注意
    2017年1月12日
  4. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  5. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  6. 「自分の内側からやりたいと思えることを続けてほしい」FC東京・徳永悠平の父親論
    2017年1月11日
  7. プレイヤーズファーストって知ってる?ただ褒めるだけではなく、然るべきタイミングに褒める親になろう
    2017年1月 6日
  8. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  9. 「緊張しても失敗しない!」子どもの自信を育てるメンタル・トレーニング
    2017年1月 5日
  10. フットサルでいじめ・虐待防止を訴える 川崎市が「オレンジリボン・ファミリーカップ」開催
    2017年1月13日

一覧へ