1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 『「マネる」ことは「学ぶ」こと。誰かのプレーをマネし、憧れることは、自分を伸ばす"力"になります』-【File1】近藤岳登(神戸)

インタビュー

『「マネる」ことは「学ぶ」こと。誰かのプレーをマネし、憧れることは、自分を伸ばす"力"になります』-【File1】近藤岳登(神戸)

2011年5月 1日

ピッチ上では誰より熱く、ピッチの外ではいつも笑顔を絶やさずに、サポーターからの人気も絶大なヴィッセル神戸の近藤岳登選手。「自分には、決して遠回りじゃなかった」と語るサッカー人生をたどると、少し異色の経歴が見えてきます。それでも・・・。さまざまな道を通ったからこそ、プロ選手としての『今』を歩み続ける近藤選手の"人物伝"に迫ります。

11.5.1-1.jpg

■「自主性を尊重し、何事も自由にやらせてくれた。それが両親の教育方針」


――小さい頃はどのようなお子さんだったんですか?
「ほとんど家にいた記憶がないというくらい、外ばかり飛び回って遊んでいましたね。小学4年生でサッカーを始めるまでは、公園で鬼ごっこをしたり、川で魚とりをしたり。日の出とともに外に遊びに行き、お腹が減ったら家に帰って、ご飯を食べたらまた出かけるという毎日の繰り返しでした。性格的に家でジッとしていることができないタイプで、両親も「自由に育てよう」という考え方で、僕を育ててくれたと思います」

――自由に過ごす中で、ご両親から叱られた記憶はありますか?
「嫌なことはすぐ忘れるタイプなので覚えていないだけかもしれませんが(笑)、小さい頃に両親から怒られた記憶はほとんどないですね。やんちゃな子どもではありましたが、人に迷惑をかけたり、傷つけたりすることはありませんでした」

――当時、ご両親からよくいわれていた言葉を覚えていますか?
「特別にこれだというものはありませんが、自主性を尊重し、何事も自由にやらせてくれていました。それが(近藤家の)両親の教育方針。そのおかげで、性格も楽天的になりましたし、今でもあまりストレスを感じることがないですね。自分がポジティブに生きられる環境を作ってくれた両親に感謝しています。それと同時に、自由の裏は責任があるということも教えてくれました

1  2  3

インタビューコンテンツ一覧へ(133件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 『「マネる」ことは「学ぶ」こと。誰かのプレーをマネし、憧れることは、自分を伸ばす"力"になります』-【File1】近藤岳登(神戸)

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  2. 『遊び』を通してサッカーに必要なスキルを身につける!子どもが楽しんで取り組めるトレーニングまとめ
     
  3. 男子による女子への集団いじめをどうするか問題
    2017年2月15日
  4. 動画で解説!相手の攻撃を前進させないためにバルセロナの選手が行っていること
    2017年2月16日
  5. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  6. あなたが"つい"差し伸べた手が、子どもの成長を止めている
    2015年2月18日
  7. 動画で解説!なぜバルセロナの選手は、ボールを失ってもすぐに奪い返せるのか?
    2017年2月13日
  8. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  9. 「よのなか科」推進の藤原さんが大切と語る"縦"の親でも"横"の友達でもない、"ナナメの関係"がサッカー少年を成長させる
    2017年2月17日
  10. 【東京/福岡/広島/鹿児島/千葉/埼玉】足の速さに自信がつく『タニラダー講習会』
    2017年2月14日

一覧へ