1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. サッカーのケガには2種類ある!? 少年サッカーで起きやすいケガとその対処法とは

健康と食育

サッカーのケガには2種類ある!? 少年サッカーで起きやすいケガとその対処法とは

2017年3月29日

キーワード:お母さんお父さんケガ成長期手術打撲捻挫足首骨折

子どもたちのサッカーに付きもののケガについて、その対処や治療法、受け止め方やリハビリなど、どう向き合ったら良いか悩んでいる保護者の方も多いと思います。
 
「ケガについて知っておきたいけど、難しいことはわからない」
「素人考えで対処して大丈夫?」
 
サッカーとケガについて心配しているというお父さん、お母さんに向けて、サッカーで起こりやすいケガ、ケガについての基本知識と対処法をご紹介しましょう。
 
お父さん、お母さんが知っておきたいサッカーのケガについて教えてくれるのは、株式会社国際スポーツ医科学研究所代表取締役でJASA公認アスレティックトレーナーを務める理学療法士の金成仙太郎さん。
 
サッカーを中心にジュニアスポーツの現場での経験も豊富な金成さんの監修で、子どもたちに起こりがちなケガについて見てきましょう。(取材・文 大塚一樹)
 
 
firstaidkit01.jpg
イラスト:アカハナドラゴン
 

■子どもたちのサッカーで起こりやすいケガとは?

子どもたちのサッカーで一番多いケガはなんだと思いますか?
 
金成さんによると、幼稚園や小学生年代では、捻挫や骨折よりも、体をぶつけることによる打撲が多いと言います。
 
「ウチはケガするほどレベルの高いサッカーしていないから」と仰る保護者の方もいますが、成長過程にある子どもたちは、走ることはできても急に止まったり、相手を避けたりする筋力が十分ではありません。「止まれない」ことで、他の選手にぶつかってケガをすることが多いというのです。
 
「ジュニアの大会などでトレーナーとして参加することもありますが、骨折や捻挫もありますが、圧倒的に多いのは子どもたちに限って言えば打撲が多いです」
 
サッカーのケガの定番と言えば足首の捻挫!と思いがちですが、「止まる力」がまだ弱い子どもたちは、体と体をぶつけ合って打撲を負うことが良くあると言います。
 

■サッカーで起こるケガの種類

子どもたちのサッカーで起こりやすいケガといして、まずは打撲への対処法をご紹介していきたいと思いますが、その前に、「ケガの種類」について、みなさんの頭を整理するためにも、大きく二つに分類しておきたいと思います。

いわゆる「ケガ」には、先ほどご紹介した打撲や捻挫、骨折などの「外傷」と、練習などで同じ動作を繰り返すことなどによって起きる「障害」があります。成長期のサッカー選手につきものの障害と言えば、主にヒザが痛くなる「オスグッド病」と、かかとの痛みが主症状の「シーバー病」があります。オスグッド病とシーバー病は小学生にも多い障害なので、この連載でも取り上げますが、まずは「ケガ(傷害)」には「外傷」と「障害」があることを覚えておいてください。
 
〇サッカーのケガ(傷害)は2つに分けられる
外傷(捻挫、打撲、骨折など、プレー中に起きた突発性のケガ)
 
障害(特定部分の使いすぎや成長期によって起きる慢性的なケガ)
 
firstaidkit02.jpg
イラスト:アカハナドラゴン
 

■打撲への対処法 基本的な対処を押さえる

外傷と障害の違いがわかったところで、子どもたちに多いという打撲を例にとって、外傷への対処方法を見ていきましょう。
 
サッカーの練習中、ゴールに向かってドリブルをしていた選手が、目の前のDFをかわしきれずに、交錯してしまいました。 スピードに乗った状態でぶつかったため、双方ともとても痛そう。特にDFの子はドリブルしてきた選手のヒザがももに入り、倒れ込んでしまっています。
 
「あるある」という声が聞こえてきそうな状況ですよね。こんな時あなたならどうしますか? 親の立場ではどこまで介入するか難しいところですよね。あまり心配しすぎても「過保護」と思われそうですし、コーチが何もしていないのに駆けつけるわけにはいかないし……。
 
ついつい「痛くないだろ!? それくらいで痛がるな」なんて声をかけてしまいがちですが、ケガに対しては、「もし大きなケガだったら?」ということを考えて行動すべきです。
 
「何か起きたらまずは練習やプレーを止めること。ケガをした子どもをピッチの外に出して、ケガの程度を見ましょう。それで問題なければすぐに練習に戻れば良いだけですから」
 
次ページ:手術が必要になることも!? 打撲の危険性

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1  2
取材・文 大塚一樹

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(153件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. サッカーのケガには2種類ある!? 少年サッカーで起きやすいケガとその対処法とは

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ