1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. あなたの認識不足が招く!女子アスリートが抱える生理のリスク

健康と食育

あなたの認識不足が招く!女子アスリートが抱える生理のリスク

2014年8月14日

キーワード:女子指導

生理の情報をコンディション管理に活用しているスフィーダ世田谷FCから学ぶ、女子選手と月経(生理)の関係。後半は千葉恵美マネージャーから女子アスリートの本音を聞き、より知識を深めていきましょう。(取材・文・写真/青木美帆)
 
<<女性プレーヤーの9割は生理がパフォーマンスに影響している
 
スフィーダ世田谷FC 千葉恵美マネージャー
 

■29名中12名が生理不順

スフィーダ世田谷で唯一の女性スタッフとなる千葉マネージャーは、選手の生理情報の管理を一手に担う存在です。選手から送られてくる生理開始日と終了日、個人面談で得た体調の変化をエクセルデータにまとめ、川邊健一監督が必要なときに伝えます。
 
取り組みをはじめて約5カ月。選手たちの生理周期を把握した結果、ある事実が判明しました。29人の所属選手のうち、じつに12人が生理不順を抱えていたのです。
 
生理不順というのは、生理が規則正しく訪れない状態のことです。生理の有無は体脂肪と相関性があると考えられており、激しい運動量で体脂肪が落ちやすいアスリートは、特に周期が乱れがち。半年近く生理がない選手もおり、2012年までプレーヤーだった千葉マネージャーも、現役時代はじつに2年間も生理が止まっていたそうです。
 
「でも、そのことが大事だと思っていなかったですね。『わたし、不順なんだよね』『へえ、そうなんだ』くらいの感覚。わたしが長く生理が来ていない時も『楽でいいな~』と言われていましたし、自分自身ラッキーだと思っていました」
 
当時をそう振り返る千葉マネージャー。確かに出血、痛み、イライラなど、生理に伴う不調は、一般女性にとっても煩わしいもので、体が商売道具であるアスリートなら、なおさら強く感じるものなのかもしれません。しかし生理不順は選手生命をも左右する重大な危険性をはらんでいることを、把握しておかなければなりません。
 
 

■疲労骨折、妊娠能力低下。無月経のリスク

長期にわたって生理が止まることを「無月経」と呼びます。この無月経により、疲労骨折を起こすリスクが増大するというのです。実際、千葉マネージャーも生理が止まった時期に、普通ではありえないような状況で骨折を経験しているそうです。
 
また、無月経が長く続くと妊娠する能力が低下する可能性も高まることが、近年の研究で明らかになっています。選手としてはもちろんのこと、競技生活を終えた後の「女性」としての将来までを考える姿勢が、ジュニア期の女子選手を見る人間には求められます。
 
女性アスリートが肉体的な大きなリスクを抱えていることを踏まえた上で、心理面にもクローズアップする必要があります。

1  2
取材・文・写真/青木美帆

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(153件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. あなたの認識不足が招く!女子アスリートが抱える生理のリスク

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. スペインで行われた大会で日本人の大西貫太郎君がMVPに選出!
    2017年6月26日
  2. 【速く走るための参考にしたい記事】ふくらはぎやアキレス腱の使い方をマスターしてスピードアップ!
     
  3. ボールを奪うための準備が課題の子どもたち 相手にボールが渡る前の動きをどう指導すればいい?
    2017年6月23日
  4. 新しいクラブで試合に出られない プレーが消極的な息子をどう支えたらいいの問題
    2017年6月22日
  5. しつもんが尋問になってない? 子供の考える力を促す「聞き方」のコツとは...
     
  6. 子どもたちに「気づかせる」ための6対3の練習メニュー
    2017年6月27日
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  9. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング
    2017年6月16日
  10. 「サッカーを教えていませんか? だから、うまくならないんです」川崎フロンターレ風間八宏監督に学ぶサッカー少年の育て方
    2016年6月14日

一覧へ