1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 川口能活選手を支えてきた食生活と、プロになるまでの道のり

健康と食育

川口能活選手を支えてきた食生活と、プロになるまでの道のり

2014年6月 7日

キーワード:FC岐阜栄養食事

サカイク×ごはん.jpgのサムネイル画像
 
今季、ラモス瑠偉監督の就任と共に大型補強を実施し、注目を集めるFC岐阜。そのゴールマウスを守るのが川口能活選手です。川口選手は清水商業高校を卒業した1994年に横浜マリノス入団。2年目からレギュラーの座を掴み、1996年のアトランタオリンピックではブラジル代表を1対0で破る「マイアミの奇跡」を演出。また、日本代表としても歴代3位の国際Aマッチ116試合という記録を残しています。今回は輝かしい経歴を持つ川口選手に幼少期から現在までを振り返ってもらいました。
 
FC-GIFU_D1_0204_600.jpg
©Kaz Photography/FC GIFU
 
プロで長きに渡って活躍する川口選手の源となった食生活など詳しいインタビュー記事はコチラからご覧いただけます!
 

■多忙な中学時代を支えたのは母が作った温かいご飯

3歳年上の兄や当時、流行っていた漫画「キャプテン翼」の影響で、9歳の時に地元・富士市のスポーツ少年団でサッカーを始めた川口選手。当初は様々なポジションでプレーしていましたが、小学校4年生からGKとして本格的にプレーを始めました。当初は、レギュラー選手が欠場した際の代役。“他のポジションより走らなくていいと思ったから”という理由でしたが、川口選手はすぐさまGKの楽しみに気付きました。

「子どもの時に、一つ上の学年のチームでキーパーをやっていたのですが、点を獲られたら、上級生に『ヘボキーパー』とか、『辞めちまえ』とよく言われていました。それでも、嫌な思いというより、サッカーを楽しんでいた記憶しかないし、自分も言い返していました。キーパーをやっている子には言われて落ち込むのではなく 、『俺だってやっているんだから、お前らもちゃんとやれ!』と言い返すような強い気持ちが大事だと伝えたいですね」

と振り返ったように、川口選手の代名詞とも言える熱い気持ちを全面に出したプレーを当時から発揮していたようです。

メキメキと頭角を表すと、中学進学時には静岡市内の強豪・東海大一中学(現・東海大翔洋中学)へと進学しました。1時間以上かけて電車通学をするため、陽が昇る頃に目を覚まし、帰るのは夜遅く。

「ご飯、お味噌汁、魚、野菜と一通り食べてから学校に行っていました。お昼のお弁当だけでなく、帰りが夜の8時、9時と遅くても、母が毎日必ず晩ごはんを作ってくれていました。中学まではしっかり食事をとっていましたね。まだ、子どもなのでその間におやつも食べたりしていましたけど(笑)。何もしていなければ太ってしまう食事量だったと思いますが、サッカーの練習が凄くハードだったので、全部消費していたのだと思います」

と話すように、ハードな生活を支えていたのは、充実した食生活でした。

 
IMG_2840_600.jpg
 

■2度の大けがを乗り越えられたのは徹底した食生活があったから

  自宅から電車通学をしていた中学時代から一転、清水商業高校に進学してからは下宿生活をすることになった川口選手。朝7時からの朝練を終えてから授業を受け、放課後も練習を行うサッカー三昧の日々が始まりました。ハードな練習をこなすため、これまでに比べると満足な食生活とは言えなかったそうですが、『サッカーがしっかり出来ていたので充実していました』と振り返ったように、1年時からレギュラーを獲得し、3年時には全国高校サッカー選手権で優勝。充実した高校3年間を過ごしました。

高校3年次に多くのオファーがある中から、卒業後の進路として横浜マリノスを選んだ川口選手。まず取り組んだのはどんなことだったのでしょうか?

「プロに入ってからは、身体もしっかり作らななければダメだと思い、周囲からアドバイスを貰いながら、自分でも勉強して高校3年間の分も取り返そうと思いました」

脂物を控え、体重管理を行うなどの徹底した食生活を送りました。『実践してみたら身体のキレや脳への伝達が違った』と話したように、ピッチ外での努力がこれまでに身につけた能力を更に高めることとなり、入団2年目にして正GKを獲得。マリノスをJリーグ年間王者へと導く原動力となり、新人王も受賞。活躍は国内に留まらず、1996年にフル代表デビューを果たし、1998年のフランス大会から2010年の南アフリカ大会まで4大会連続でワールドカップのメンバー入りを果たしました。2009年には右脛骨を骨折、全治6か月の大けがを負うなどハプニングもありましたが、『2回大けがしても、戻れているのは若い頃から食事管理をしてきたからだと思います』と38歳となった今でも現役を続けられているのは幼少期から現在まで続ける食の徹底があったからだと川口選手は話します。

「サッカーが上手くなりたい、サッカー選手になりたいという思いがあるなら、何でも好き嫌いなく食べること」とジュニア年代のサッカー選手へアドバイスを送る川口選手。幼少期の選手にとっては身体の基礎となる食生活は切り離せないモノではないでしょうか。

 

プロで長きに渡って活躍する川口選手の源となった食生活など詳しいインタビュー記事はコチラからご覧いただけます。

bigbanner3.jpg
 

【食育特設サイト「ごはんだもん!げんきだもん!」とは?】

公益財団法人ダノン健康栄養財団(DANONE INSTITUTE OF JAPAN FOUNDATION)が運営する、「食べもの」や「カラダ」について子どもから大人までが楽しく知る事ができる食育情報サイトです。サカイクでは『ごはんだもん!げんきだもん!』とのコラボレーションによる、気になるサッカー選手の食育に関するインタビューをシリーズでお伝えしていきます。

 
IMG_3198_300.jpg
川口能活//かわぐち・よしかつ
1975年8月15日生まれ。静岡県富士市出身。FC岐阜所属。
9歳からサッカーを始め、小学校4年生の頃から本格的にG Kとしてプレー。清水商業高校3年時には全国高校サッカー選手権で日本一になるなど輝かしい学生生活を送る。横浜マリノス入団後も2年目からスタメンの座を掴み、新人王を受賞し、五輪代表、フル代表も経験した。イングランドとデンマークでのプレー経験も持つ。
1
取材・文・写真/森田将義 写真提供/FC岐阜

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(153件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 川口能活選手を支えてきた食生活と、プロになるまでの道のり

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 自主練にも役立つ! 知っておきたいU-12世代のフィジカルトレーニング
     
  2. 「下手くそ」「センスない」コーチの暴言に耐えられない中1の息子を辞めさせていいのか問題
    2017年7月19日
  3. 自分は楽しくプレーさせたいのに同じチームのコーチが厳しい! 指導法が違うギャップをどう埋めればよいのか
    2017年7月21日
  4. このままだと終わる! とコーチに言われ息子落ち込む問題
    2017年7月26日
  5. なぜ、全国経験のないサッカー部から毎年Jリーガーが輩出されるのか?
    2015年7月23日
  6. あなたの子どもはきちんと「ごはん」を食べてますか? 多くても、少なすぎてもダメなお米の栄養素と役割
    2017年7月20日
  7. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  8. 管理栄養士に聞く、試合に向けた「ごはん」の食べ方と栄養価アップ術
    2017年7月27日
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  10. ミズノのジュニア向けスパイクをプレゼント!洗濯に関するアンケート
    2017年7月24日

一覧へ