1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 食中毒を防ぐ3カ条

健康と食育

食中毒を防ぐ3カ条

2011年7月23日

キーワード:夏合宿栄養食事

■食中毒は、つけない、殺す、増やさない!

そろそろ夏休み。朝、夜に加え、昼食も家で・・・となるから、食事の支度が大変!?という家庭も多いのでは。夏の食卓で最も気をつけたい食中毒について、管理栄養士の今井愛先生にお話しをうかがいました。

■腸炎ビブリオと黄色ブドウ球菌とは・・・?

食中毒にもいろいろな種類がありますが、家庭内で起きる食中毒といえば、腸炎ビブリオと黄色ブドウ球菌、病原性大腸菌などによる下痢やおう吐が大半を占めると思います。

腸炎ビブリオはほとんどの場合、魚が原因です。この細菌は海水に強い=塩に強い菌なので、魚を調理したまな板でそのまま生野菜を切ったり、きゅうりの塩もみを作ったりすれば、その野菜などに細菌が付着します。細菌が付いた野菜を食べると、1~2日で下痢を起こし、その後2~3日で下痢が収まり、1週間ほどで回復します。魚につく細菌のほとんどが真水に弱いので、魚は真水の流水でよく洗ってから調理することを徹底しましょう。

黄色ブドウ球菌は、普段から手や髪、唾液、鼻の中などにいます。病原性大腸菌は便にいます。手をしっかりと洗っていれば大丈夫ですが、手を洗わずに食品を手づかみで食べれば、細菌がそのまま体内に取り込まれてしまいます。流水でよく洗えば、60000あった細菌は1000まで減らすことができます。石けんをよく泡立てて手を洗うことで、さらに細菌を減らすことができます。食事の前によ~く手を洗いましょう。

■まな板や包丁も洗いましょう

手を洗うと同時に大切なのが、まな板や包丁などの調理用具もよく洗うこと。朝昼食時は熱湯で消毒し、夜は、漂白剤などに漬けて殺菌します。夕食が終わったら、シンクをきれいにしておくことも忘れずに。

シンクに水分が残っていると、そこから雑菌が増殖してしまいます。また、ふきんや手拭タオルは午前と午後に取り替えること。夏休みは子どもも家で、三食・食事をしますから、ふきんや手拭タオルは大活躍しています。

タオルホルダーに掛けて、乾いたからといって、そのまま使用しないこと。家の中では菌は増える一方なので、必ず外に干して紫外線を当てましょう。紫外線の力で細菌を減らすことができます。

菌は5℃以上60℃未満の環境の中で、増えていきます。食品にいる菌は、5℃以上60度未満で増えていくので、食品は冷蔵庫に保管しましょう。そして、冷蔵庫は常に、10℃以下を保つようにします。扉の開け閉めの回数を、極力減らします。すぐに食べないものは、冷凍庫に保管するなど、上手に冷蔵庫と冷凍庫を使い分けましょう。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(149件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 食中毒を防ぐ3カ条

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. レベルがバラバラの子どもたちの練習をどうすればいいか? [池上正コーチングゼミ]
    2017年3月22日
  2. あなたの言動で変わる!いまどきの子どもの「やる気」の引き出しかた
    2017年3月24日
  3. 負けん気が強いあまり暴言や暴力に及ぶ息子の問題
    2017年3月22日
  4. サッカーのケガには2種類ある!? 少年サッカーで起きやすいケガとその対処法とは
    2017年3月29日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 元Jリーガー監督が語る「どこでも通用するのは"ボールを奪える選手"と"ボールを失わない選手"」
    2017年3月16日
  7. サッカーの攻撃、守備で重要なのは、常にゴールの位置を考えること
    2017年3月28日
  8. 失敗が怖いときは、やるべきことをシンプルにしてあげると緊張は小さくなる
    2017年3月27日
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  10. 子どもが壁を乗り越える力を発揮するために親はどうあればいいのか
    2017年3月21日

一覧へ