1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 食中毒を防ぐ3カ条

健康と食育

食中毒を防ぐ3カ条

2011年7月23日

キーワード:夏合宿栄養食事

■食中毒は、つけない、殺す、増やさない!

そろそろ夏休み。朝、夜に加え、昼食も家で・・・となるから、食事の支度が大変!?という家庭も多いのでは。夏の食卓で最も気をつけたい食中毒について、管理栄養士の今井愛先生にお話しをうかがいました。

■腸炎ビブリオと黄色ブドウ球菌とは・・・?

食中毒にもいろいろな種類がありますが、家庭内で起きる食中毒といえば、腸炎ビブリオと黄色ブドウ球菌、病原性大腸菌などによる下痢やおう吐が大半を占めると思います。

腸炎ビブリオはほとんどの場合、魚が原因です。この細菌は海水に強い=塩に強い菌なので、魚を調理したまな板でそのまま生野菜を切ったり、きゅうりの塩もみを作ったりすれば、その野菜などに細菌が付着します。細菌が付いた野菜を食べると、1~2日で下痢を起こし、その後2~3日で下痢が収まり、1週間ほどで回復します。魚につく細菌のほとんどが真水に弱いので、魚は真水の流水でよく洗ってから調理することを徹底しましょう。

黄色ブドウ球菌は、普段から手や髪、唾液、鼻の中などにいます。病原性大腸菌は便にいます。手をしっかりと洗っていれば大丈夫ですが、手を洗わずに食品を手づかみで食べれば、細菌がそのまま体内に取り込まれてしまいます。流水でよく洗えば、60000あった細菌は1000まで減らすことができます。石けんをよく泡立てて手を洗うことで、さらに細菌を減らすことができます。食事の前によ~く手を洗いましょう。

■まな板や包丁も洗いましょう

手を洗うと同時に大切なのが、まな板や包丁などの調理用具もよく洗うこと。朝昼食時は熱湯で消毒し、夜は、漂白剤などに漬けて殺菌します。夕食が終わったら、シンクをきれいにしておくことも忘れずに。

シンクに水分が残っていると、そこから雑菌が増殖してしまいます。また、ふきんや手拭タオルは午前と午後に取り替えること。夏休みは子どもも家で、三食・食事をしますから、ふきんや手拭タオルは大活躍しています。

タオルホルダーに掛けて、乾いたからといって、そのまま使用しないこと。家の中では菌は増える一方なので、必ず外に干して紫外線を当てましょう。紫外線の力で細菌を減らすことができます。

菌は5℃以上60℃未満の環境の中で、増えていきます。食品にいる菌は、5℃以上60度未満で増えていくので、食品は冷蔵庫に保管しましょう。そして、冷蔵庫は常に、10℃以下を保つようにします。扉の開け閉めの回数を、極力減らします。すぐに食べないものは、冷凍庫に保管するなど、上手に冷蔵庫と冷凍庫を使い分けましょう。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(148件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 食中毒を防ぐ3カ条

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  2. 球際の競り合いで勝てるようになる!ルーズボールを奪う3つのコンタクトスキル
    2016年12月 5日
  3. 『リスペクト宣言』って知ってる⁉ 公式戦で大声や怒声を響かせるのは、もう止めよう
    2016年11月30日
  4. サッカーパパ・ママ必見!子どもの"積極性"を育むバディ流子育て7のコツ
    2016年12月 2日
  5. 押し出すインサイドキックはNG?長い距離でも減速しない正確で速いパスの蹴り方
    2016年11月28日
  6. 投げ出さないように"契約"を結ぶ? バディスポーツ幼稚園の「子どもの"やる気"を引き出す」6つのコツ
    2016年12月 7日
  7. 意外と知らない!メッシやクリロナのように速くドリブルをする3つのコツ
    2016年11月25日
  8. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  9. サッカー少年を伸ばす親はなにが優れているのかがわかる記事7選
     
  10. 中澤佑二選手に聞く、周りに差をつけた食事へのこだわりとは?
    2016年11月29日

一覧へ