1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 「腹筋と股関節を鍛えることが大切」香川真司のパーソナルトレーナー直伝!小学生から取り入れたいトレーニングとは

運動能力

「腹筋と股関節を鍛えることが大切」香川真司のパーソナルトレーナー直伝!小学生から取り入れたいトレーニングとは

2016年7月19日

キーワード:サポートストレッチトレーニング体幹香川真司

ドイツ・ブンデスリーガで活躍を続ける日本代表の10番・香川真司選手。香川選手が活躍をつづける裏で、パーソナルトレーナーの谷田亮太さんの尽力があることは前編でお伝えしました。後編では、その谷田さんの仕事、パーソナルトレーナーの視点として、子どもたちが日頃のトレーニングを行うときに留意してほしいこと、というテーマでお話を伺いました。(取材・文 杜乃伍真)

 

IMG_1346_s.jpg

 

<<できないことをその場でできるようしてしまう!日本代表エース・香川真司の凄さの秘密

 

■小学生のうちは、いろいろな動きを身につけることが大切

谷田さんは、まず「子どものころには、いろいろな動きを身につけてほしい」といいます。
 
「“三つ子の魂百まで”という言葉がありますが、小さなころに得たものはずっと使いつづけているといつまでも続いていきます。ですが、一度やめてしまうと新たに作り直さないといけません。子どもの頃に得たものをたくさん持っていれば、それが必ずサッカーのなかでも活かせます。たとえば、子どものころに得た動きが、サッカーのターンが上手になるきっかけになるかもしれません。自分はこんなにターンが得意なのか、とある日突然分かる日がくるかもしれません。そういう経験をしてほしいですね」
 
では、いろいろな動きを身に付けるためにはどうすればいいのでしょうか。
 
「いろいろなスポーツを体験することも大事ですし、いろいろなサッカーのトレーニングをしたり、いろいろなストレッチや体幹トレーニングをしたりする。とにかくたくさん経験することが大事だと思います。もし、チームで腹筋や背筋を鍛えるということであれば、チームでやっていること以外の腹筋や背筋をやるように心がけることが必要だと思いますね」
 
そのためにも参考にしてほしいのが、前編でもお伝えしたとおり、香川選手と谷田さんが考案してサイト上で公開している『SHINJI HOUSE』(誰でも無料登録で閲覧可能)のトレーニングメニューです。親子でできるストレッチやトレーニング、体幹を鍛えるメニューが豊富に掲載されていて、非常に参考になるものばかりです。
 

■腹筋と股関節を鍛えることが大切

谷田さんは子どものころから『SHINJI HOUSE』で紹介しているようなトレーニングメニューを日々継続して取り組むことの大切さをこう語ります。
 
「日本人は太ももが太い人が非常に多いのですが、これは外国人に比べて、股関節周りの筋肉や、体幹部分の筋肉が弱いので、身体が下半身の太ももを太くして上半身の足りない分を補おうとする作用が働くからです。外国人は体幹などがしっかりしているから上半身ががっしりしているけれど、下半身は細い人が多いです。だから、日本人も腹筋や股関節を鍛えることを意識すべきなのです。胴体の中枢にあるエンジン部分の筋力や体幹を鍛えることで、下半身の筋肉を使ったり、太くしたりしなくてもいい状態にすれば自ずと足も細くなります。犬や猫は足が細いから俊敏に動けるのです。ロバは足が太いから遅い、馬は足が細いから速く走れる。それを参考にしてもらえればと思います」
 

■小学生は自重トレーニングに取り組もう

逆に、谷田さんは子どものころに絶対にやってはいけないこととして次のようなものを挙げます。
 
「ベンチプレスだったり、バーベルスクワットは絶対にやめてほしいです。うさぎ跳びトレーニングなどは論外です。足が太くなるだけなので、むしろ足は遅くなり逆効果です。ベンチプレスなどは骨の周りに大きな筋肉をつけることになってしまうので、骨が動きにくくなってしまいます。スピードを上げたいのならば、その筋肉を落とさなければいけなくなりますので、絶対にやめてほしいです」
 
自分の体重を錘に変える自重トレーニングが効果的だと谷田さんは言います。
 
「自分の体重の範囲内で行うトレーニング、自重トレーニングを意識してください。自分の体重の範囲内で筋肉を付けるイメージを持つことが大切です。それと、そういうトレーニングをしながらも、同時にストレッチは欠かさずに意識してほしいです。やはり、筋肉を鍛えるのと同時に身体の柔軟性はあったほうがいいし、大人になってから柔軟性を身につけようとしても手遅れになることがあります。体幹トレーニングとストレッチはつねにセットで行うことを意識してほしいです」
 
子どもが日頃から筋力トレーニングや体幹トレーニングに取り組むときの留意点は以上のとおりです。
 
 
次ページ:お子さんがサッカーやトレーニングに打ち込める環境をつくってあげよう

香川真司選手も取り入れる!サッカー少年・少女に送る3つの動画コンテンツ『SHINJI HOUSE』はこちら>>
16_RCO_2511.jpg
 
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

 
1  2
取材・文 杜乃伍真

関連記事

関連記事一覧へ

運動能力コンテンツ一覧へ(91件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 「腹筋と股関節を鍛えることが大切」香川真司のパーソナルトレーナー直伝!小学生から取り入れたいトレーニングとは

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング
    2017年6月16日
  2. 【速く走るための参考にしたい記事】ふくらはぎやアキレス腱の使い方をマスターしてスピードアップ!
     
  3. ボールを奪うための準備が課題の子どもたち 相手にボールが渡る前の動きをどう指導すればいい?
    2017年6月23日
  4. 新しいクラブで試合に出られない プレーが消極的な息子をどう支えたらいいの問題
    2017年6月22日
  5. 「運動中は水飲むな」は昔の話! 現役時代とこんなに違う、お父さんコーチに知ってほしいサッカー今昔物語
    2017年6月20日
  6. 次のプレーを考えず、ボールが来るととりあえず蹴ってしまう子どもたち。プレーの判断をどう指導したらいい?
    2017年6月16日
  7. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ