1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 「集中しろ」の矛盾。サッカーは意識を分散させるスポーツである

運動能力

「集中しろ」の矛盾。サッカーは意識を分散させるスポーツである

2014年10月29日

キーワード:アレクサンダーテクニーク声掛け

前回記事『周りを「見ろ」より「眺めろ」。身体の緊張をとる言葉選びとは』で、子どもへの声掛けにおける言葉選びの重要性を語ってくれた、高椋浩史さんと村松尚登さん。今回も身体の緊張を取りのぞくスペシャリストと水戸ホーリーホックの下部組織コーチであるおふたりに、意識を分散させることを求められるサッカーに適したコーチングとはなにか、じっくり語り合ってもらいました。(取材・文/中村僚 写真/田川秀之)
 
HT010855_s.jpg
 
 

■「集中しろ」というコーチングの難しさ

高椋:「見ろ」や「首を振れ」のほかに「集中しろ」というコーチングもあるよね。この言葉も必要以上に身体を緊張させてしまうことが多い。「集中するな」とは言えないけど(笑)。意識を四方八方に広めていくような声かけをしていくのがいい。
 
村松:『集中』という言葉が意識を閉じることにつながってしまうのであれば、試合には集中しなければいけないけど、「試合全体への集中」と指導者が求めてる「意識の集中」は別のことかもしれない。「眺めろ」や「がんばるな」と同じ。「がんばるな」というのは、ディフェンスの時には「がんばれ!」、攻撃の時は「がんばるな!」がいいと思う。ボールを持ったときに「がんばり過ぎて身体が硬くなっているよ」と選手にわかりやすく伝えられる言葉の使い方だと思う。
 
高椋:『集中』の定義が違うのかもしれないね。たとえば「今日の試合でやることはなに?」、「なにやる?」っていうことがサッカーの試合で求められている集中かもしれない。自分たちのタスクを一つひとつ「今日はなにをやる?」、「今日はなにがテーマだっけ?」と確認する。村松が毎回どれくらいの課題を与えているか分からないけど、テーマを持って試合に臨んでいる。意図を明確にしていくことが『集中』なんじゃないかなと思う。
 
 

■子どもをボールに捉われないようにするために

村松:皮肉なことに、サッカーではボールが一番やっかいな要素になる。たとえば自由自在にボールを扱えるネイマールのような選手は、ボールがネガティブな要素にはならない。けど普通は、どうしてもボールを受けるときに、ボールに意識が引っ張られる。だから周囲の状況を意識しづらい。ボールに意識がいく結果として、身体には余計な緊張が加わってしまう。ジダンやイニエスタから余計な緊張は感じない。そのような身体の状態を保てるようにするためには、「ボールには集中しないけど、サッカーには集中する」という意識をもつ必要があるのかもしれない。
 
高椋:選手の観察眼を高めていくことはできるかもしれない。たとえば、グリッドの中に4人が入り、その回りを別の4人がテニスボールを持って囲む。外の選手は中の選手にテニスボールを当てる。中の選手はボールに当たらないように逃げる。全員がボールを持ってお互いにボールを当てるルールにしてもいい。投げるほうは、緩く投げても当たるくらいボーっとしているところを見つけて投げる。さらに、練習中もコーチがテニスボールを持ち「こいつボーっとしているな」と思ったら後ろからボールを当てる。そうすれば選手は、つねに意識を四方にもっていないとボールを当てられてしまう環境で練習できる。
 
IMG_8783_s.jpg
 

■自分の身体の状態を子どもたちに知ってもらうために

高椋:身体を知るためになにができるか。それを子どもに考えさせるのは難しいかもしれない。
 
村松:「姿勢をよくしろ」とおれも言うけど、そうすると子どもは緊張で固まる。この間、ふざけて練習に使う大きなサイズのコーンをボールの代わりに頭に乗っけてバランスをとっている子どもがいた。練習試合中にベンチの後ろでやっていたから、さすがに「いまはやめておけ」と言ったけど(笑)。自分の身体の使い方を知るためにはありだよね。
 
高椋:いいんじゃないかな。
 
村松:ボールよりも重さがあるからか、コーンの形が丸ではなく三角だからか、ボールよりも重心を感じられるのかも。ボールの方が小さいし慣れている分、感じづらいのかもしれない。普段、頭に乗せないコーンだからこそ、慣れていないし重心の感覚がサッカーボールとは違うから身体感覚が養われるかもしれない。

1  2
取材・文/中村僚 写真/田川秀之

関連記事

関連記事一覧へ

運動能力コンテンツ一覧へ(91件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 「集中しろ」の矛盾。サッカーは意識を分散させるスポーツである

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 『遊び』を通してサッカーに必要なスキルを身につける!子どもが楽しんで取り組めるトレーニングまとめ
     
  2. 動画で解説!相手の攻撃を前進させないためにバルセロナの選手が行っていること
    2017年2月16日
  3. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  4. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  5. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  6. 「よのなか科」推進の藤原さんが大切と語る"縦"の親でも"横"の友達でもない、"ナナメの関係"がサッカー少年を成長させる
    2017年2月17日
  7. 動画で解説!なぜバルセロナの選手は、ボールを失ってもすぐに奪い返せるのか?
    2017年2月13日
  8. 男子による女子への集団いじめをどうするか問題
    2017年2月15日
  9. FCバルセロナの下部組織&サッカーサービスのスペイン人コーチに学ぶ「13歳までに身につけたい守備戦術」など
     
  10. あなたが"つい"差し伸べた手が、子どもの成長を止めている
    2015年2月18日

一覧へ