1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. ハメス・ロドリゲスは日本人に近い? 身体のプロが見るW杯

運動能力

ハメス・ロドリゲスは日本人に近い? 身体のプロが見るW杯

2014年7月11日

キーワード:ワールドカップ

 

■多くの日本人選手にも当てはまるハメス・ロドリゲスの課題

トータルな身体能力としては、日本人とそこまで差はありません。股関節に関しては飛び抜けていますが、上半身を横に曲げる動きが固い。横の軸が身体にない、中心軸でしか動けていないのです。
 
フリーキックにしても、今の蹴り方だと近距離ならうまくいくでしょう。しかしある程度距離が離れるとどうでしょうか。ボールに力が掛かっている時間が短いため、長い距離になると直接入れるのは難しいように思います。
 
上半身の横方向の動き、側屈させる動きの固さ。ここを改善できれば切り返しも早くなるだろうし、ゴチャゴチャした場面でもパスなりシュートなりドリブルなり、より自由度を持ったプレーができるようになります。現在は、そういう場面だとしくじったような、力のないキックになるように思います。
 
身体的な課題を克服しなければ、フリーキックやアシスト特化型の選手のまま、ひょっとするとこのまま終わっていく可能性もあります。逆にいえば、伸びしろがものすごく大きい選手ということでもあります。どういう方向に変わっていくか、楽しみです。
 
波田野征美(はたの・まさはる)
Oriental Physio Academy代表。理学療法士。体軸ヨガインストラクター。経絡ヨガインストラクター。ホリスティックボディワーカーHB150。自身が自転車競技者としてトレーニングをする中で従来の西洋的なトレーニング方法に疑問を感じる中で、古武術に出会う。西洋と東洋両方を組み合わせた独自の身体観、トレーニング方法はアスリート、スポーツ愛好家、さらには同業者からも高い評価を得ている。

HPはこちら

 

 

 

前のページ 1  2
文:Oriental Physio Academy

関連記事

関連記事一覧へ

運動能力コンテンツ一覧へ(91件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. ハメス・ロドリゲスは日本人に近い? 身体のプロが見るW杯

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ