1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. ハメス・ロドリゲスは日本人に近い? 身体のプロが見るW杯

運動能力

ハメス・ロドリゲスは日本人に近い? 身体のプロが見るW杯

2014年7月11日

キーワード:ワールドカップ

 

■多くの日本人選手にも当てはまるハメス・ロドリゲスの課題

トータルな身体能力としては、日本人とそこまで差はありません。股関節に関しては飛び抜けていますが、上半身を横に曲げる動きが固い。横の軸が身体にない、中心軸でしか動けていないのです。
 
フリーキックにしても、今の蹴り方だと近距離ならうまくいくでしょう。しかしある程度距離が離れるとどうでしょうか。ボールに力が掛かっている時間が短いため、長い距離になると直接入れるのは難しいように思います。
 
上半身の横方向の動き、側屈させる動きの固さ。ここを改善できれば切り返しも早くなるだろうし、ゴチャゴチャした場面でもパスなりシュートなりドリブルなり、より自由度を持ったプレーができるようになります。現在は、そういう場面だとしくじったような、力のないキックになるように思います。
 
身体的な課題を克服しなければ、フリーキックやアシスト特化型の選手のまま、ひょっとするとこのまま終わっていく可能性もあります。逆にいえば、伸びしろがものすごく大きい選手ということでもあります。どういう方向に変わっていくか、楽しみです。
 
波田野征美(はたの・まさはる)
Oriental Physio Academy代表。理学療法士。体軸ヨガインストラクター。経絡ヨガインストラクター。ホリスティックボディワーカーHB150。自身が自転車競技者としてトレーニングをする中で従来の西洋的なトレーニング方法に疑問を感じる中で、古武術に出会う。西洋と東洋両方を組み合わせた独自の身体観、トレーニング方法はアスリート、スポーツ愛好家、さらには同業者からも高い評価を得ている。

HPはこちら

 

 

 

前のページ 1  2
文:Oriental Physio Academy

関連記事

関連記事一覧へ

運動能力コンテンツ一覧へ(91件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. ハメス・ロドリゲスは日本人に近い? 身体のプロが見るW杯

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 子どもの体を大きくするためにはマスト?牛乳について気になること
    2017年4月25日
  2. チームに期待を持てず移籍を迷うんだが問題
    2017年4月26日
  3. すぐ早く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の早く走る方法
    2013年6月13日
  4. 送迎も普段使いもレジャーにも!サッカーパパ&ママにとって「使い勝手がいい」3列シート
    2017年4月27日
  5. 東京国際ユース(U-14)サッカー大会の選手名簿が公開!
    2017年4月27日
  6. 「君ならできるのになんでやらないの?」風間八宏流・子どもを伸ばす"褒めながら怒る"方法
    2017年1月20日
  7. 基礎練習になると子どもたちが飽きてしまう。効果的かつ楽しめる練習メニューはある?
    2017年4月28日
  8. 子どもは失敗に敏感!うまくいっていない事には親が「無愛想」になって良いイメージを描かせよう
    2017年4月21日
  9. 子どもの足を速くしたいなら必見!足が速くなる記事まとめ
     
  10. 子どもを「勝たせたい」「うまくさせたい」よりも先に、大切にしてほしい"10の心得"
    2017年4月17日

一覧へ