1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. サッカーをしていれば安心?子どものカラダと心を育てる外遊びについて考える

運動能力

サッカーをしていれば安心?子どものカラダと心を育てる外遊びについて考える

2013年3月12日

キーワード:体力

IMG_5757_600.jpg
 
放課後や休日、お子さんは何をしていますか?ずっとサッカーですか?経済先進国の中で今、日本の小学生は世界で一番運動をしていない子どもなのだそう。そのため、子どもたちの体力低下が懸念されています。その要因のひとつと言われているのが、外遊びをしなくなったこと。
“サッカーをしているから安心”なのでしょうか?サッカーだけでなく、外遊びをすることで成長する部分が、どうやらたくさんあるようです。
 
 

■昔と比べて、今の小学生は外遊びをしなくなった

文部科学省で体力向上事業の一環として行われている「体力・運動能力調査」。集計によると、子どもたちの体力は1980年代の半ばから下がりはじめ、1990年代にはさらに降下。以降、緩やかな下り坂を経て、今は横ばい状態。このままでは、日常生活に支障をきたすようになるかもしれないと危惧されているそうです。
 
体力低下の要因として考えられていることのひとつが、外遊びをしなくなったこと。私たち親世代が子どものころは、学校から帰るとランドセルを置いてすぐに外に出かけ、暗くなるまで公園や空き地で走りまわっていたものです。友達と体を使って遊ぶことがなによりの楽しみで、放課後が待ち遠しくて仕方なかったはず。けれど、今の子どもたちには“外で友達と遊ぶのが楽しい”という感覚が欠けています。
 
体を思いきり動かせる遊ぶ場所がない、塾や習い事が忙しく、遊ぶ仲間や遊ぶ時間がないなど、外遊びができない理由もいろいろあります。
 
IMG_5493_600.jpg
 

■運動能力だけでなく、想像力や発想力も鍛えられる外遊び

遊具や砂場を整備した立派な公園はありますが、「ボールやバットを使ってはいけません」「木に登ってはいけません」「人に迷惑になることはやめましょう」といった注意書きの看板が置かれています。民家に隣接した公園では「うるさい」と苦情を言う大人もいるほど。公園は子どもたちが走り回る場所から、静かに遊ぶところになってしまっているのです。
 
外遊びでは体力や運動能力を育てるのはもちろん、仲間づくりや小さな子の面倒をみるなどのコミュニケーション能力も育てることができます。また、限られた人、限られた物でいかに楽しく遊ぶかを考えるなど、遊びの工夫をすることで想像力や発想力も鍛えられるのです。
 
サッカーをしていれば、他の子どもたちに比べ、体力もあり運動能力も高いでしょう。ですが、サッカーでは得られないことが外遊びには隠されています。サッカーの練習がない日は公園でたくさんの友達と、体を使って思いきり遊ばせてみてはいかがでしょう?
 
参考資料:学研「ママノート
 
複数のスポーツを楽しむことで運動能力が高まる>>
1
文/kilohana 前田陽子 写真/サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

運動能力コンテンツ一覧へ(91件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. サッカーをしていれば安心?子どものカラダと心を育てる外遊びについて考える

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 足の速さは遺伝がすべてじゃない! 子どもに教えたいサッカーで速く走るコツ
     
  2. チームでいじめ発見どうしよう問題
    2017年5月17日
  3. 熱心なあまり子どもたちにダメ出し、試合で指示する保護者をどうしたらいいか?
    2017年5月22日
  4. 子どもに「来ないで!」と言われないために......。知っておきたい応援の心得
     
  5. すぐ早く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の早く走る方法
    2013年6月13日
  6. 足首の角度で蹴り分ける「インステップキック」
    2017年5月15日
  7. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  8. 「ディフェンスは腰を落とせ!」は間違いだった
    2014年5月20日
  9. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  10. 【関東会場】サカイクキャンプ2017夏 supported by umbro
    2017年5月 2日

一覧へ