1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 【コンディショニング第4回】少年サッカー、休息の勧め

運動能力

【コンディショニング第4回】少年サッカー、休息の勧め

2011年7月31日

キーワード:コンディショニング連載休息

egami1.png

第4回

■「積極的休養」と「消極的休養」その違いとは!?

みなさん、こんにちは。全国的に梅雨明け宣言が告げられ、いよいよ夏本番です。熱中症が多い、この時期。”暑い環境”に、まだ身体が慣れていない、この季節は、特に気をつけなければなりません。サッカー少年・少女の皆さんは、こまめな水分補給、指導者、お父さん・お母さんは練習時の安全管理に、充分、気をつけ下さい。

11-07-31-sam_01.jpg

さて、「トータル・コンディショニング」連載の第4回は「休養」についてです。「休養」というと様々な捉え方がありますが、「トータル・コンディショニング」では「休養=疲れを癒す、除去する」と考えていきます。

まず、「休養」には「積極的休養」と「消極的休養」があります。 「積極的休養」とは「自ら積極的に身体を動かして疲労を取る」方法です。軽く身体を動かして、心身ともにリラックスさせるというものです。

■Jリーグチームも取り入れている、プールでの休養法

例えば、アメリカでは中学生以下までは、同じスポーツを1年を通して行うことをしません。夏は野球、冬はバスケットボールなどの組み合わせで、トータル的に運動能力を高めます。だから、NBA選手がメジャーで活躍するということも、多々見られるのです。

では、なぜ同じスポーツではなく、他種目にするのでしょうか? これはトータル的な運動能力開発以外に、「スポーツによる局部的疲労の回避」に最大の目的があります。局部的疲労は、結果的に「スポーツ障害」の元凶となります。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

運動能力コンテンツ一覧へ(91件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 【コンディショニング第4回】少年サッカー、休息の勧め

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  3. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  4. 「褒める」も「叱る」も大事! 子どもの状態に応じて使い分けることが自立のサポートになる
    2017年8月 8日
  5. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  6. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  10. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     

一覧へ