1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 身体をほぐして、パフォーマンスアップ! ジュニア世代のための正しいトレーニング

運動能力

身体をほぐして、パフォーマンスアップ! ジュニア世代のための正しいトレーニング

2011年3月24日

キーワード:ストレッチ筋トレ

 ジュニア世代にとって過度な筋トレは逆効果であるといわれています。では、ジュニアにとって効果的なトレーニングとは一体どのようなトレーニングなのでしょうか。現役のフットサルプレーヤーであり、フィットネスクラブ「ホグレル」のトレーナーでもある早川裕樹さんと川畑亮輔さんにお話しを聞きました。

■お家でカンタンにできるホグレル体操をやってみよう!

「練習のしすぎやストレッチを怠ることで、小学生の選手でも筋肉がカチカチに固まってしまうことが少なくありません。健やかな筋肉が育っていても、筋肉が硬いままではパフォーマンスはあまり上がらないどころか、身体が重くなり、動きにくくなってしまうのです。そのため、筋肉を柔軟に保つためのトレーニングが必要になってきます」 そこで「ホグレル」では、専用マシンを用いて筋伸縮の反復運動をし、しなやかな筋肉づくりを目指しているそうです。筋伸縮と聞くとストレッチを思い浮かべますが、一般的なストレッチとホグレル式トレーニングは異なるものなのだそう。

「ストレッチは筋肉を伸ばした状態で動きを止めますが、ホグレル式トレーニングでは伸ばして縮めるといった反復運動を続けることで血流を良くし、しなやかな筋肉を作ります。筋肉が柔軟になることで、関節の可動範囲も広がるので、パフォーマンスもアップしますし、ケガの防止にも繋がります。筋肉をベストな状態に保つためのトレーニングなので、ジュニア世代でもやりすぎになることはなく、安心して行えるトレーニングだといえるでしょう」

普段はマシンを使って行うホグレル式トレーニングですが、そのノウハウを応用し、自宅でもできるトレーニングを教えてもらいました。サッカー選手にとって特に大事な、股関節、足首、肩胛骨。これらをほぐしてベストパフォーマンスをキープしましょう。

股関節をほぐすトレーニング

11.3.24.jpg

  1. 床の上に足を投げ出して座り、手を後ろについて片足を折り曲げます
  2. そのままの状態でゆっくり身体を後方に倒していきます
  3. この時、おヘソにグーッと力を入れるようにすると、骨盤の周り(股関節周辺の)筋肉が引っ張られ、力を入れたり抜いたりすることで筋伸縮をすることができます

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

運動能力コンテンツ一覧へ(91件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 身体をほぐして、パフォーマンスアップ! ジュニア世代のための正しいトレーニング

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題
    2017年9月21日
  2. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  3. 練習、試合で声が出ず活気のないチーム。子どもたちが声を出すようになる「声かけ」はある?
    2017年9月22日
  4. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  5. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  6. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  7. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  8. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. グラウンド確保に苦しむサッカー協会が模索する みんなが楽しめる工夫とは
    2017年9月20日

一覧へ