1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. ヨガをサッカーに取り入れるタイミングは練習後がおすすめ? その理由とは...... <保護者体験レポート2>

親子でチャレンジ

ヨガをサッカーに取り入れるタイミングは練習後がおすすめ? その理由とは...... <保護者体験レポート2>

2017年4月10日

キーワード:アスリートママヨガ強くしなやかな身体能力アップ

近年、ヨガに取り組むアスリートが増えています。日本におけるアシュタンガヨガの第一人者であり、ヨガを日本に広めた人物として知られる、IYCインターナショナルヨガセンター主宰のケン・ハラクマ氏は、2016年に「一般社団法人 アスリートヨガ事務局」を立ち上げ、アスリートに対して適切な知識でヨガを指導できるトレーナーやコーチの育成に力を注いでいます。
 
そこでサカイクではアスリートヨガ事務局と共同で、主にサッカー指導者やトレーナー、サッカーをする子どもを持つ保護者に向けて「ヨガをトレーニングにどのように取り入れればよいか?」をテーマにしたワークショップを開催しました。その様子を3回に渡ってお届けします。(取材・文:鈴木智之)
 
yoga_ws_ohesoishiki.jpg
 

■ヨガをサッカーに取り入れるなら練習後が良い理由とは

前回の記事では「呼吸」の重要性を紹介しましたが、ケン・ハラクマ氏は「呼吸、身体、意識の順番で気持ちを集中させていくと、日常生活やスポーツをするときに疲労を感じにくくなる」と言います。
 
そこで参加者は呼吸に意識を向けた状態で、片足立ちにチャレンジ。左右どちらかの足を地面に付け、片方の足を地面から離します。体がグラグラせずに、真っ直ぐ立つことができるかを体験してみることに。
 
「数秒間は片足立ちができるものの、バランスを崩してしまう人に対して、ケン・ハラクマ氏は「片足立ちのときは、目線を動かさないことがポイントです。意識はおへその中心に持っていってください。視線は外、意識は身体の中です。外と中、身体の中心のずれを少なくし、目を閉じて、バランスをとりましょう」とアドバイス。さらに「せーの!」の掛け声で、片足立ちにチャレンジしていきます。
 
「うまくバランスがとれる人は、身体の中心の動きが少ない人です。外から入ってくる情報に惑わされず、内側に閉じ込める意識の使い方ができると、些細なことが気にならなくなります。意識が違うところに行ったら、呼吸と身体の感覚に戻してください。慣れてくると、自分のマインドを好きなところにドライブできるようになります」
 
身体の軸、動きの軸を作るために、身体の中心に意識を向ける。これはサッカーの動きに通じる部分でもあります。続いては「足腰を鍛えるポーズ」にチャレンジ。まずは両足を開き、頭を地面に付けて体全体で三角形を作ります。
 
「スポーツをする人は足腰や内臓に負担がかかっているので、逆さになるポーズは効果的です。内臓のストレスを取り除くことができ、消化機能を活性化してくれます。スポーツは収縮する動きが多いので、伸ばす動きも必要です。サッカーの前に筋肉を緩ませるとケガをしやすくなるので、練習後などにやると良いでしょう」
 
 
次ページ:子どもとヨガをするときのアドバイス

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1  2
取材・文:鈴木智

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(175件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. ヨガをサッカーに取り入れるタイミングは練習後がおすすめ? その理由とは...... <保護者体験レポート2>

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 【速く走るための参考にしたい記事】ふくらはぎやアキレス腱の使い方をマスターしてスピードアップ!
     
  2. スペインで行われた大会で日本人の大西貫太郎君がMVPに選出!
    2017年6月26日
  3. ボールを奪うための準備が課題の子どもたち 相手にボールが渡る前の動きをどう指導すればいい?
    2017年6月23日
  4. 新しいクラブで試合に出られない プレーが消極的な息子をどう支えたらいいの問題
    2017年6月22日
  5. しつもんが尋問になってない? 子供の考える力を促す「聞き方」のコツとは...
     
  6. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  7. 子どもたちに「気づかせる」ための6対3の練習メニュー
    2017年6月27日
  8. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング
    2017年6月16日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 「サッカーを教えていませんか? だから、うまくならないんです」川崎フロンターレ風間八宏監督に学ぶサッカー少年の育て方
    2016年6月14日

一覧へ