1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 投げ出さないように"契約"を結ぶ? バディスポーツ幼稚園の「子どもの"やる気"を引き出す」6つのコツ

親子でチャレンジ

投げ出さないように"契約"を結ぶ? バディスポーツ幼稚園の「子どもの"やる気"を引き出す」6つのコツ

2016年12月 7日

■競争の中でしかレベルアップは期待できない

子どもがやる気に溢れ、才能を伸ばせる環境を求めるのなら「ライバルや自分より上の存在が身近にいること」が必要です。どんな世界でも競争の中でしかレベルアップは期待できず、レベルアップがなければレベルは低下していくばかりです。
 
サッカー日本代表でバディOBでもある武藤嘉紀は、身近なライバルの存在で才能を伸ばしていった一人です。同学年に同等の身体能力で、武藤よりも高いテクニックを持っていた井上啓太というライバルがいました。彼の存在があったことで武藤はスピードに頼るだけのプレーではなく、テクニックにも磨きをかけて大きくレベルアップしていきました。
身近に明確な目標やライバルがいることで、「今の自分に足りないものはなにか」「あいつにあって自分に足りないものはなにか」などいろいろことを感じ、考えます。そうなれば自然と日々の練習の質は高くなり、やる気にも満ち溢れていきます。
 

■子どもが投げ出さないように“契約”を結ぶ

子どもは好奇心が旺盛な反面、飽きやすく、失敗するとすぐに投げ出しやすい傾向があります。たとえ失敗してもその事実と向き合い、継続して努力できることはどんな世界でも成功する上で大切なことです。子どもがすぐに投げ出さずに継続させるためには、“契約”を結ぶこともコツの一つです。
 
例えばサッカーをやりたいと子どもが言ったら「試合に出られるようになるまで辞められないよ」というように契約を結びます。子どもが投げ出してしまうのは、楽しくなかったり、目標がなかったり、劣等感を抱いてしまうからです。そうならないために契約という名の「目標」を立て、上手に自分の成長が感じられる瞬間を作ってあげることです。契約が達成、満了になったら新しい契約を結ぶのは大人の世界でも同じです。「リフティングが100回できるまで」という契約が達成できたら「じゃあ次は200回ね」と、子どもが挑戦したくなるように意欲を刺激する契約を提示してあげましょう。
 

■サッカー少年少女の親にも役立つ子育て術が満載!
 
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

前のページ 1  2
取材・文 篠幸彦

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(175件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 投げ出さないように"契約"を結ぶ? バディスポーツ幼稚園の「子どもの"やる気"を引き出す」6つのコツ

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ