1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. ゴールを奪うために!シュートを打てるスペースを"つかう"コツ【いまさら聞けないマークをはずす動き3】

親子でチャレンジ

ゴールを奪うために!シュートを打てるスペースを"つかう"コツ【いまさら聞けないマークをはずす動き3】

2015年11月25日

キーワード:サッカーサービスマークを外す動き知のサッカー

「私たちもサッカーの基礎を学びたい」というお父さんお母さんの声がよく編集部に届きます。そこで、スペイン・バルセロナを中心に世界20か国で活動する指導者集団『サッカーサービス』のメソッドDVD『知のサッカー』をもとに、サッカー戦術の基礎を学べる企画を用意しました。第11回は“マークを外す動き”のポイント3です。ゴールを奪うためには、相手マークをはずしてシュートを打てるスペースを“つかう”ことが重要です。(構成・文 木之下潤)

 

ma-ku_wo_hazusu_03.JPG

 

第1回:いまさら聞けないマークの基本1
第2回:いまさら聞けないマークの基本2
第3回:いまさら聞けないマークの基本3
第4回:いまさら聞けないマークの基本4
第5回:いまさら聞けないサポートの基本1
第6回:いまさら聞けないサポートの基本2
第7回:いまさら聞けないサポートの基本3
第8回:いまさら聞けないサポートの基本4

 

■ゴールをとるために、マークを外す動きを最大限利用する

マークを外す動きを、もっとも有効活用すべきエリアはどこでしょうか? 
 
それはゴールに近いエリアです。なぜなら、サッカーはゴールを奪い合うスポーツであり、マークを外す動きを活用するのもゴールをとるという目的のため。しかし、実際はゴールから離れたエリアで行われているシーンが多いはずです。
 
それはボールのあるエリアが試合の中心になるため、その時々の状況によって活用法が変わるからです。ただ、マークを外す動きをオフ・ザ・ボールのスキルの一つだと認識できれば、どんな状況においても優先順位が判断しやすくなります。
 
その優先順位は、ボールをゴールの枠内に一歩でも近づけることが基準になります。だからこそ、コーチは「まず、ボールを受けるときはDFの裏(背後)を狙いなさい」と教え、一歩でもボールを前進させるのです。それから、もう一つ理由があります。それはフィニッシュを目的としたマークを外す動きは、相手の守備ラインのバランスを崩す効果をもたらします。たとえ、フィニッシュができなくともその動きに合わせてマークがついていくので、守備陣形は乱せます。攻撃側としては次の仕掛けに対する伏線づくりにもなるのです。だからこそ、マークを外す動きはゴール前で行うほど有効に働くのです。
 
そこで、ゴールを奪うために“マークを外す動き”を有効活用するためには、まずどんなことを意識したらいいと思いますか?
 
 
次ページ:答えは次ページで
 

 

●おすすめ商品●

プロの試合をお手本に「マークを外す動き」を身につける!

think-soccer-vol2img2-thumb-250x201-9799.png

Jリーグの試合映像をもとに、サッカーサービス社のコーチ陣が「マークを外す」正しい動きを徹底解説。実際のプロ選手の動きから学ぶことで、自分の試合でも実践することができます。

知のサッカー2巻>>
サカイク運営スタッフがセレクトしたアイテムが揃う!
E-3ショップ
サカイク、COACH UNITED、Spike!などの取材を通じて得たノウハウから、厳選した商品だけをセレクト。ここにしかないオリジナル商品を中心に、サッカー選手とコーチに本当に必要な商品だけをセレクトして取り扱っております。
 
どのポジションでも必要となる“攻撃”と“守備”の基本を徹底徹底トレーニング!
サッカーサービスウィンターキャンプ2015-2016公式サイトはコチラ!
SSウィンター.jpg
 

サッカーサービスが教える
「世界で活躍するサッカー選手の育て方」を無料配信!

SOCCER SERVICES

サッカーサービスによる「知のサッカーメルマガ(無料)」に登録しよう!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 
1  2

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(175件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. ゴールを奪うために!シュートを打てるスペースを"つかう"コツ【いまさら聞けないマークをはずす動き3】

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ