1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 親子で楽しむ夏休み!外で遊ぼう

親子でチャレンジ

親子で楽しむ夏休み!外で遊ぼう

2011年8月 5日

みなさん、夏休みを楽しんでいますか?これから、帰省したり、旅行に出かけたりと、家族みんなで過ごす時間も多くなるはず。そこで、サカイクでは、家族で楽しめる"簡単な遊び"を、日本レクリエーション協会・植田尚史さんに教えていただきました。サッカーの練習にもなっちゃいますよ! 

■子どもの体力について

 以前に比べて低下傾向にあった体力が少し上昇しつつあるとはいえ、お父さん、お母さんが子どもの頃に比べると、身長など体格面は良くなりながらも、その一方で、体力面においてはダウンしたままという状況が続いている現在。子どもの体力、「走る、跳ぶ、投げる」などの基礎的な運動能力も低下し、この状態のまま成長しても今の大人たちと同等の体力まで達することができないのではないか、といわれています。

そこで平成14年9月に、国は中央教育審議会を開き、翌平成15年から様々な取り組みをスタートさせました。今年で8年目を迎え、各スポーツ団体によってさまざまな取り組みが行われています。また、日本レクリエーション協会でも、文部科学省とともにいろいろなプログラム開発や保護者向けの啓発事業を行い、お父さん・お母さんたち正しい状況をご理解いただいています。

■子ども時代の"経験"が、将来に影響する!?

これは様々なスポーツ体験に共通していえることなのですが、専門的にスポーツを始める年齢が低年齢化し、特定の種目を幼稚園や保育園の頃からスタートするという傾向が強くなっています。

しかし、実は、あまり好ましい状況とはいえないのです。なぜか、というと、そのスポーツだけは得意でも、他の運動ができないという現象が多く見られているからです。また、幼少期はとくに身体が大きく成長する時期であり、骨もしっかりしていない状態で、身体の特定の部位を使った反復動作を行うことは、決して良いことだとはいえないのです。

神経系の発達が著しい時期でもある成長期には、いろいろな動作を取り入れることは、とても重要となります。

小学生や中学生の頃は、さまざまな能力を獲得しやすい年代でもあり、同じことを繰り返してばかりいるのでは"もったいない"。また、運動をともなう遊びが減少しているため、転んだときにとっさに手をつけずに頭や顔を打ったり、飛んできたボールをよけられず顔にケガをしたりと、思わぬアクシデントにつながることもあるんですよ。

1  2  3

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(175件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 親子で楽しむ夏休み!外で遊ぼう

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 熱心なあまり子どもたちにダメ出し、試合で指示する保護者をどうしたらいいか?
    2017年5月22日
  2. すぐ早く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の早く走る方法
    2013年6月13日
  3. 子どもに「来ないで!」と言われないために......。知っておきたい応援の心得
     
  4. 足の速さは遺伝がすべてじゃない! 子どもに教えたいサッカーで速く走るコツ
     
  5. 「ディフェンスは腰を落とせ!」は間違いだった
    2014年5月20日
  6. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  7. 過去には中井卓大くんも参加! レアルのカンテラコーチに直接指導を受けられるチャレンジキャンプを開催
    2017年5月23日
  8. 【動画1】大人は消える、失敗させる ― 池上正さんの「魔法のコーチング」を動画で紹介
    2017年5月23日
  9. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  10. 厳しい父親と膝痛に苦しむ息子をどうすればいいの問題
    2017年5月24日

一覧へ