1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 家にあるものを使った親子のポジティブコミュニュケーション術(サッカーノート番外編)

親子でチャレンジ

家にあるものを使った親子のポジティブコミュニュケーション術(サッカーノート番外編)

2011年6月 8日

キーワード:コミュニケーションサッカーノートメンタル

今回はサッカーノートの番外編として、「家にあるものを使った、親子のコミュニュケーション術」を、お伝えしたいと思います。ノートと同じように「書く」ことを通じて頭の中や気持ちを整理したり、親子間でコミュニュケーションをとる方法です。

<<この記事を最初から読む

■ポジティブなコミュニケーションをこころがけよう!

11-06-08-父子ポストイット.png

子どもは学校や塾、サッカーの練習などがあり、保護者の方も仕事等で忙しいと、平日はなかなか一緒にいる時間がとれないもの。そんな時は、身近にあるものでコミュニケーションをとってみましょう。

たとえば、ホワイトボードやカレンダー、付箋(ふせん)。これらのうち、だいたいひとつは家の中にあると思います。これらを家族の伝言板として、活用してみてください。たとえば、ホワイトボードは誰もが通る場所に置き、親から子へ、子から親へのメッセージボードにします。

ホワイトボードがなければ、付箋(ふせん)で代用するのもひとつの方法です。付箋を色分けして、親からのメッセージはピンク、子どもからのメッセージは黄色などとすると、見やすいでしょう

カレンダーは日付の下に余白が多いものがオススメです。そこに試合の前など、親から子へ「試合の準備はどう?」や「楽しんでこいよ」など、メッセージを書き込みます。それを読んだ子どもが余白に返事を書いて、コミュニュケーションをとります

お互い、面と向かっていうのは照れくさくても、ホワイトボードなどを使うと、コミュニュケーションはとりやすいもの。この方法を実践している選手は、ホワイトボードに「いつもお弁当を作ってくれてありがとう」と書いていたそうです。直接、口にするのは恥ずかしいですが、文字にするといいやすいそうです

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(172件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 家にあるものを使った親子のポジティブコミュニュケーション術(サッカーノート番外編)

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「子どものやる気を引き出すために、親がやる気になっていませんか?」風間八宏流・子どものやる気を引き出す方法
    2017年1月18日
  2. 「君ならできるのになんでやらないの?」風間八宏流・子どもを伸ばす"褒めながら怒る"方法
    2017年1月20日
  3. JリーグMVP中村憲剛がサッカー少年に伝えたい、うまくなるための「考え方」とは
    2017年1月17日
  4. 目標を達成するために重要な「自信」の育て方
    2017年1月19日
  5. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  6. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  7. 父は思春期とどう向き合えばよろしいか問題
    2017年1月16日
  8. "対戦相手を思いやれる"バルサの12歳は、どのように育てられるのか
    2016年9月 1日
  9. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  10. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日

一覧へ