1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 怪我予防のストレッチ体操教室

親子でチャレンジ

怪我予防のストレッチ体操教室

2011年5月21日

キーワード:ケガストレッチ教室予防疲労回復

IMG_2972.JPG

選手たちにとってケガ予防やパフォーマンス向上に欠かせないストレッチは、お母さん、お父さんの疲労回復や血流促進にも効果があるといわれています。でも実際には、いつどんな風にしたらいいの? 力加減は? 親子でできるの? などなど疑問も多い分野です。そこで、ストレッチの知識を深めながら、自宅でできる簡単ストレッチ方法をお届けします!

■「一流選手ほど怪我をしない。自分の体をしっかりとケアすることはとても大切なこと」

――練習前後にストレッチを行うということが重要になるのは、どのようなことが理由ですか?

「例えばプロのスポーツ選手を見てもそうですが、一流選手ほど怪我をしない。怪我をしないからこそ練習ができる。その裏では常に時間をかけてストレッチを行うと聞いていますが、ストレッチはプロ選手に限らず、スポーツをしているどの世代にあてはめても、非常に重要なこと。とくに、最近では、小中学生のお子さんでも練習の頻度が増えたことで、ケガのトラブルなども増加している。それだけに、自分の体をしっかりとケアすることはとても大切なことです。ストレッチを行うことは怪我の予防にもなるだけに、練習前後に取り入れたり、自宅でお風呂に入った後に取り入れることをおすすめしています」

―― 一般的に「ストレッチ」というと、筋を伸ばすというイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?

「よく体育の授業などで号礼をかけて行うようなものを想像されるかもしれませんが、そうではなく、ゆっくり伸ばしてあげて、ある程度負荷のかかるところまでいったら、そこで(体を)戻してあげるのが良いと思います。ただ、あまり強く伸ばし過ぎるのも、逆にトラブルを起こす原因となります。先日も、バレーを行っているお子さんが、もともと体が柔らかいこともあって無理に伸ばしたところ背中を痛めてしまいました。ですので、過度に行うことや無理をするのは禁物。ただやればいいのではなく、部位に対して、しっかりと意識をしながら伸ばすことが重要ですね」

1  2  3
取材・文/石井宏美 写真/サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(175件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 怪我予防のストレッチ体操教室

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  3. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  4. 「褒める」も「叱る」も大事! 子どもの状態に応じて使い分けることが自立のサポートになる
    2017年8月 8日
  5. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  6. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  10. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     

一覧へ