1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. お父さん・お母さんも一緒にチャレンジ!!『サッカーノートの書き方』(2/2)

親子でチャレンジ

お父さん・お母さんも一緒にチャレンジ!!『サッカーノートの書き方』(2/2)

2011年5月 9日

キーワード:コミュニケーションサッカーノートメンタル

サッカーノートは自分の成長をうながし、目標を達成するための大切なツールです。日本代表選手を始め、中学、高校のトップレベルの選手・指導者の多くが、サッカーノートをつけています。

<<この記事を最初から読む

11.5.9-1.jpg 11.5.9-3.jpg

■ノートは自分のもの。自分の気持ちに正直に書く

今回は「書き方のコツ」を紹介したいと思います。ポイントは次の3つです。

  1. イラストを入れる
  2. 擬音を入れる
  3. 自分に正直に書く


1の「イラストを入れる」は、とても重要なポイントです。自分のプレーや相手のプレー、「この場面ではこうすればよかった」「この場面ではこういうプレーをしよう」など、イラストを使って書くことは、イメージトレーニングになります。また、自分のプレーだけでなく、相手のプレーもイメージして書くようにしましょう。そうすることで、より本番の試合に近い状況をイメージすることができます。

2の「擬音を入れる」は後から読み返したときに、思い出しやすくするための工夫です。たとえばパスを例にあげると、「ドンッ」と書くと強いボール、「トンッ」は短いタッチ、「パサッ」や「フワッ」は浮き球など、擬音によってイメージがしやすくなると思います。ノートは書いて終わりではなく、プレーに行き詰まったときや悩んでいるときなど、読み返すことで、新たな気づきを得ることができます。なるべく、書いたときの気持ちやイメージを思い出しやすいように、擬音を入れるなどして工夫してみましょう。

3の「自分に正直に書く」は、見落としがちですが、大切なポイントです。監督やコーチにノートを提出する場合、自分のために書くノートではなく、監督やコーチに見せるためのノートになってしまう選手を見かけることがあります。そうすると、監督に気に入られたい気持ちで、本当は思っていないことを書いてしまうケースもあるのです。ノートはあくまで自分のもの、自分の成長のために書く物です。自分の気持ちに正直に書きましょう。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(169件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. お父さん・お母さんも一緒にチャレンジ!!『サッカーノートの書き方』(2/2)

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 押し出すインサイドキックはNG?長い距離でも減速しない正確で速いパスの蹴り方
    2016年11月28日
  2. 『リスペクト宣言』って知ってる⁉ 公式戦で大声や怒声を響かせるのは、もう止めよう
    2016年11月30日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 中澤佑二選手に聞く、周りに差をつけた食事へのこだわりとは?
    2016年11月29日
  5. 意外と知らない!メッシやクリロナのように速くドリブルをする3つのコツ
    2016年11月25日
  6. みんなドン引き。怒鳴るコーチどうするんだ問題
    2016年11月24日
  7. サッカー少年を伸ばす親はなにが優れているのかがわかる記事7選
     
  8. サッカーパパ・ママ必見!子どもの"積極性"を育むバディ流子育て7のコツ
    2016年12月 2日
  9. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  10. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日

一覧へ