1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. ゲームで育てる! 判断力を磨く!楽しいミニゲーム・メニュー

親子でチャレンジ

ゲームで育てる! 判断力を磨く!楽しいミニゲーム・メニュー

2011年3月 9日

キーワード:ゲームトレーニングドリブルパス判断力練習

海外のサッカースタイルやワールドクラスのコーチング技術を、日本のコーチや選手たちに紹介している「トータルフットボール」。現在、ナイキジャパンの協力のもと、海外サッカーの育成事情に精通したコーチが関東・関西のクラブ、学校へ出向き、トップレベルの練習を無料で実践しています。

ウォーミングアップ、スキルトレーニング、少人数でのゲーム形式練習など、効果的でユニークなトレーニングの方法を知るリー・マンソン コーチに、親子で楽しめるゲーム形式のメニューを紹介してもらいました。

■ゲームは最良のコーチ!

「20年間ハイレベルなコーチングをプロとして経験してきましたが、ゲームが最良のコーチである、というのが私のモットーです。若い世代のプレーヤーにとって、ゲーム(試合)以上に良いものはありません。U12という年代では練習やスキルの上達もとても大事ですが、それ以降のサッカー人生において今、ボールに触れておくことがさらに重要になってきます。

ウォームアップ、いくつかのスキル練習を行なった後は、どういった形でゲームをしたらよいか見てみましょう。答えはいつも少人数での「ミニゲーム」の中にあります。それはなぜでしょう。

  • 11対11のゲームよりボールに触れる機会も多く、さらにテクニックも磨かれる
  • ボールに多く触れることで参加する実感がわき、楽しみながらプレーができ、ゴールの機会も増える
  • 正しい判断力が身につく
  • コーチにとって、プレーヤーをまとめやすい
  • 狭いスペースで出来るので、準備しやすく手軽に出来る
  • 早いテンポで行われるので11対11よりもプレーヤーの身体能力アップにもつながる


以上の理由から世界中のプロチームでトレーニングとしてミニゲームが頻繁に行われています。手軽にできるミニゲームをご紹介しましょう。

■チャレンジ01 スモール・サイド・フットボール

0004091.gif

【準備】
  1. ピッチサイズは年齢に応じてつくる (例:U5-U7:40m x 30m、U8-U9:50m x 30m、U10-U12:60m x 40m)
  2. ゴールは3m x 2mのサイズを各サイドに用意する
  3. U5-7では3号サイズ、U8-1U2では4号サイズのボールを使用

1  2  3

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(172件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. ゲームで育てる! 判断力を磨く!楽しいミニゲーム・メニュー

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「子どものやる気を引き出すために、親がやる気になっていませんか?」風間八宏流・子どものやる気を引き出す方法
    2017年1月18日
  2. 「君ならできるのになんでやらないの?」風間八宏流・子どもを伸ばす"褒めながら怒る"方法
    2017年1月20日
  3. JリーグMVP中村憲剛がサッカー少年に伝えたい、うまくなるための「考え方」とは
    2017年1月17日
  4. 目標を達成するために重要な「自信」の育て方
    2017年1月19日
  5. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  6. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  7. 父は思春期とどう向き合えばよろしいか問題
    2017年1月16日
  8. "対戦相手を思いやれる"バルサの12歳は、どのように育てられるのか
    2016年9月 1日
  9. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  10. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日

一覧へ