1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【後編】いつでも どこでも イメージトレーニングで実力発揮!

親子でチャレンジ

【後編】いつでも どこでも イメージトレーニングで実力発揮!

2011年1月15日

サッカーのレベルアップを目指す上で、欠かすことのできないのがイメージトレーニングです。今回は「子のメンタル、親のメンタル」が好評連載中のメンタルトレーニング・コンサルタント大儀見浩介さんに、イメージトレーニングの方法を教えてもらいました

■チャレンジ02 ベストプレーをイメージしてみよう

では、次のイメージトレーニングは「あなたが考えるベストのプレー」です。親子でそれぞれ自分が考えうる、最高のプレーをイメージしてみてください。親は自分がプレーをしている想定、子どもも同様です。時間は20秒です。準備はいいですか? それでは、ヨーイ、スタート。 はい、目を開けてください。ここで質問です。あなたのイメージした映像には、あなた以外の人が登場しましたか? 子どもがイメージした映像には子ども自身以外の人が登場していたでしょうか?

000462.gif

イメージすることは頭のなかで順序だてて、整理して、考えるということになります。このような準備をしておくことは、実際のプレー前に非常に有効です。

効果があるイメージトレーニングとは、限りなく現実に近いものです。試合中、選手の周りには相手や味方、レフェリー、サポーターなど、たくさんの人がいます。自分以外のものまで細かく、より現実に近いイメージを描くことが、効果的なイメージトレーニング法です。もし子どもが自分以外の要素をあまりうまくイメージできていないようであれば、段々と細かくイメージできるよう楽しくイメトレを続けてみてください。

0004622.jpg

この写真にはどれだけの情報が詰まっているでしょう。手前の白いユニフォームの選手を自分だと考えてください。敵の目線や表情。さらには、敵の重心がどちらにかたむいているか、ボールの位置はどうかなど。白いラインとの位置関係や、天候、ピッチの状態も重要な情報です。できるだけ細かい状況を事前にイメージしておくことで、本番でも冷静な対応が可能となるのです。

1  2

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(175件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【後編】いつでも どこでも イメージトレーニングで実力発揮!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ