1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【後編】いつでも どこでも イメージトレーニングで実力発揮!

親子でチャレンジ

【後編】いつでも どこでも イメージトレーニングで実力発揮!

2011年1月15日

サッカーのレベルアップを目指す上で、欠かすことのできないのがイメージトレーニングです。今回は「子のメンタル、親のメンタル」が好評連載中のメンタルトレーニング・コンサルタント大儀見浩介さんに、イメージトレーニングの方法を教えてもらいました

■チャレンジ02 ベストプレーをイメージしてみよう

では、次のイメージトレーニングは「あなたが考えるベストのプレー」です。親子でそれぞれ自分が考えうる、最高のプレーをイメージしてみてください。親は自分がプレーをしている想定、子どもも同様です。時間は20秒です。準備はいいですか? それでは、ヨーイ、スタート。 はい、目を開けてください。ここで質問です。あなたのイメージした映像には、あなた以外の人が登場しましたか? 子どもがイメージした映像には子ども自身以外の人が登場していたでしょうか?

000462.gif

イメージすることは頭のなかで順序だてて、整理して、考えるということになります。このような準備をしておくことは、実際のプレー前に非常に有効です。

効果があるイメージトレーニングとは、限りなく現実に近いものです。試合中、選手の周りには相手や味方、レフェリー、サポーターなど、たくさんの人がいます。自分以外のものまで細かく、より現実に近いイメージを描くことが、効果的なイメージトレーニング法です。もし子どもが自分以外の要素をあまりうまくイメージできていないようであれば、段々と細かくイメージできるよう楽しくイメトレを続けてみてください。

0004622.jpg

この写真にはどれだけの情報が詰まっているでしょう。手前の白いユニフォームの選手を自分だと考えてください。敵の目線や表情。さらには、敵の重心がどちらにかたむいているか、ボールの位置はどうかなど。白いラインとの位置関係や、天候、ピッチの状態も重要な情報です。できるだけ細かい状況を事前にイメージしておくことで、本番でも冷静な対応が可能となるのです。

1  2

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(175件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【後編】いつでも どこでも イメージトレーニングで実力発揮!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング
    2017年6月16日
  2. 【速く走るための参考にしたい記事】ふくらはぎやアキレス腱の使い方をマスターしてスピードアップ!
     
  3. 次のプレーを考えず、ボールが来るととりあえず蹴ってしまう子どもたち。プレーの判断をどう指導したらいい?
    2017年6月16日
  4. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  5. 新しいクラブで試合に出られない プレーが消極的な息子をどう支えたらいいの問題
    2017年6月22日
  6. 「運動中は水飲むな」は昔の話! 現役時代とこんなに違う、お父さんコーチに知ってほしいサッカー今昔物語
    2017年6月20日
  7. ボールを奪うための準備が課題の子どもたち 相手にボールが渡る前の動きをどう指導すればいい?
    2017年6月23日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ