1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【後編】イタリアに学ぶ! サッカー選手の身体の動かし方

親子でチャレンジ

【後編】イタリアに学ぶ! サッカー選手の身体の動かし方

2010年12月16日

キーワード:イタリアコーディネーショントレーニング練習

サッカーにおける体の動かし方(コーディネーション)を4つに分けると、次のようになります。ステップ1:自分の体/ステップ2:自分の体とボール/ステップ3:自分の体とボールと対峙する相手(敵)/ステップ4:自分とボールと相手とその他の選手(味方やその他の相手)。技術においては、自分以外の相手や状況に左右されないで行う技術を『クローズドスキル』、相手や状況に応じて判断を伴う技術を『オープンスキル』と分けられますが、体の動かし方においても、1、2番目は自分の体が中心となり、状況に左右されないことから『クローズドスキル』。3、4番目は自分の体を動かすことに加えて、周囲の状況から判断し、体を動かすことが必要になることから『オープンスキル』と区別できるでしょう。今回は、イタリアで指導経験を積んだ井田征次郎コーチに、『体の動かし方を中心とした、イタリア式トレーニング』後編をお届けします。

■チャレンジ03 バランスを崩した状態での1対1

0004691.gif

ルール
攻撃役が守備役に背を向け、うつぶせて地面に倒れます。守備役が攻撃役めがけて、グラウンダーのボールを蹴る音を合図に攻撃役が起き上がり、1対1をします。攻撃役が守備役を抜くか、守備役がボール奪えば終了です。

解説
この練習はステップ3の『自分の体とボールと相手』のトレーニングです。攻撃役は守備役が来る前に、体のバランスを崩さないよう素早く立ち上がる動きが求められます。また、『バランスを崩した状態から、いかに素早くリカバリーをして、態勢を立て直すことができるか』がポイントになります。攻撃役がうつぶせに倒れるパターン以外にも、『攻撃役がラダーを飛んでから1対1がスタート』など、方法はいろいろ考えられます。スタートの方法やルールを工夫することで、練習の目的もバリエーションも増やすことができるので、様々なやり方にチャレンジしてみてください。

1  2  3

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(175件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【後編】イタリアに学ぶ! サッカー選手の身体の動かし方

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ