1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【後編】楽しみながら「考える」チカラを育てるメニューとは?

親子でチャレンジ

【後編】楽しみながら「考える」チカラを育てるメニューとは?

2010年12月 6日

キーワード:ゲームコミュニケーショントレーニングパス判断力練習

サッカーの選手育成に限らず、子供の成長にとって重要な、「考える力」を養うということ。ジェフ市原・千葉などで長年、子供たちの指導にあたってきた池上正コーチは、この「考える力」こそが選手として、人として成長するカギだというコンセプトのもと、日々、多くの子供たちと接しています。そこで池上コーチに聞く「考えるチカラを育てるメニュー」の後編。どのような効果が期待できるのかをチェックしていきましょう。

■チャレンジ03 常に数的優位で攻撃のアイディアを育む

0004781.gif

ウォーミングアップも兼ねた練習試合が終わった後は、2対1の3人組を組ませます。この時も自分で組む相手を探すことで知らない子とコミュニケーションする能力が育まれます。そして2人の攻撃、1人の守備という形で自由にボールをまわさせます。2人の攻撃側は常にボールをキープしてボールを取られないようプレーするというシンプルなルールですが、常に攻撃側に有利な状況を与え、攻撃のアイデアを常に考えさせるという効果が期待できるようになっています。コートの制限もない状態で、どこにパスすれば味方にボールが通るかを、楽しみながら学んでいくのです。

コレが身につく!
こうすればこうなる、と教わるのではなく、自分で考えて成功を重ねていくことで、攻撃の成功体験がひとつづつ蓄積されていきます。

■チャレンジ04 高学年と低学年をミックスしたグループでプレー

0004782.gif

最後の練習試合では、必ず、高学年、低学年の子供たちが混ざったチームでプレーをさせます。能力の異なる選手同士が同じチームに入ると、お互いにサポートし合ったり、頼れる味方を生かしたりというチームワークを養うことが出来ます。同時に、異世代の子供たちとコミュニケーションをとることで、「教わる」「教える」という行動が自然と生まれてきます。応用編として、低学年の選手がゴールをすると2点といったルールにすれば、高学年の選手は低学年の選手にパスを出すといった効果も期待でき、連携プレーのなかで技術や感覚を磨いていくことが可能です。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(171件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【後編】楽しみながら「考える」チカラを育てるメニューとは?

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「厳しいサッカーよりも楽しいサッカーをしてもらいたい」徳永悠平のサッカー少年の育て方
    2017年1月10日
  2. 本来の力が発揮できなくなるかも?"ポジティブシンキングの罠"に注意
    2017年1月12日
  3. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  4. JリーグMVP中村憲剛がサッカー少年に伝えたい、うまくなるための「考え方」とは
    2017年1月17日
  5. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  6. 「自分の内側からやりたいと思えることを続けてほしい」FC東京・徳永悠平の父親論
    2017年1月11日
  7. 父は思春期とどう向き合えばよろしいか問題
    2017年1月16日
  8. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  9. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  10. ケンタッキーフライドチキンカップ(埼玉)参加チーム募集
    2017年1月17日

一覧へ